BLOG blog

初心者がブログを20記事書いた感想【損失も大きい】

2019年2月7日

少年
悩んでいる人

ブログ初心者が記事を書いた感想を知りたい。
ブログを始める方法も教えてほしい。

こんな疑問にお答えします。

この記事を書いている僕は、2019年1月からブログを始めました。

1月26日から毎日ブログ更新をスタートして、2月5日に20記事を書き終えました。

ブログ初心者の僕が20記事を書いてみた感想を、ブログの効用・ブログの損失という両面で紹介します。

これからブログを始めてみようかなと思っている方や、ブログ始めたてで記事を書くのが大変、と思っている方はぜひ最後まで読んでみてください。

初心者がブログを20記事書いた感想【損失も大きいよ】

ブログ20記事を書いてみたブログの効用と損失を解説していきます。

初心者がブログから得られる3つの効用

少年

僕が感じているブログの効用は以下の通りです。

  • 効用①:ブロガー・アフィリエイターが稼ぐ仕組みを知れる
  • 効用②:SEO, WEBライティング, SNS発信を実践しながら学べる
  • 効用③:習慣化という「神」を味方にできる

ひとつずつ深掘りしていきます。

効用①:ブロガー・アフィリエイターが稼ぐ仕組みを知れる

広告

僕がブログをはじめた理由のひとつとして、「不自由なく生活できるくらいはブログで稼ぐ」という目標があります。

実際にトップブロガーと呼ばれる人たちは、Twitterなどで「今月は収益200万円で確定です」と報告していますよね。

僕も将来的には月収100万円以上のブロガーになりたいと思っていますが、どうすればそんなに稼げるのか仕組みを知らないといけません。

ブロガーの基本的な収益源は①Google Adsense(グーグルアドセンス)と②アフィリエイト広告で、どちらも広告費となっています。

アフィリエイターは②アフィリエイト広告に特化しているため、アフィリエイターと呼ばれています。

ブロガーとアフィリエイターの違いは、クロネさんのブログで紹介されています。

>> ブログ初心者が90記事で始める趣味ブロガーのアフィリエイト戦略

つまり、ブロガー・アフィリエイターはブログ内の広告を通して、広告主から広告費を受け取って稼いでいるんですね。

例えば、こんな感じでアフィリエイトリンクと呼ばれる広告リンクを貼ったりできます。

僕はブログを始めてこのような仕組みを知ることができ、稼ぐための道のりを可視化できました。

効用②:SEO, WEBライティング, SNS発信を実践しながら学べる

ライティング

ブログで稼ごうと思うと「SEO, WEBライティング, SNS」の知識は必須になります。

例えば、ブログの集客元がGoogle検索の場合、SEO対策をおこない狙ったターゲットキーワードで上位表示させる必要があります。

SNSからの流入を増やしていきたい場合は、SNSマーケティングの知識を身につける必要があります。

ブログ運営において一番大切なのはWEBライティングの技術です。

どんなにSEO対策やSNSマーケティングを実践しても、ブログ記事の質がよくないと読み手に中身がスカスカなことがバレてしまいます。

読み手の求めていることや、悩みを解決できる内容を分かりやすく紹介することで、ブログに付加価値を与えていきます。

ブログを始めると、自分一人でSEO, SNS運用, WEBライティングをしないといけないので、実践しながら学ぶことができます。

効用③:習慣化という「神」を味方にできる

習慣化

「人間は習慣の奴隷である」

こんな言葉があるように、習慣によって人間は変わることができます。

僕は「習慣化」を身につけるにはブログ運営はもってこいだと思います。

なぜなら、毎日更新を宣言することで自分にプレッシャーをかけられるからです。

例えば、僕の場合、Twitterで以下のように毎日更新の宣言をしています。

まわりに宣言することで絶対に更新しないといけないと自分にルールを課すことができます。

人間は弱い生きものです。

「習慣化」という人生を変えてくれる「神」を味方につけるには、ブログはうってつけです。

>> 物事を継続する力を身につける方法【長続きしない人へ】」を読んで継続力を身につける方法をチェックする。

ブログの3つの損失【初心者にはちょっと厳しい話】

逆に、ブログのデメリットや厳しいポイントはこちらです。

  • 損失①:労力が多い割に、すぐには結果は出ない
  • 損失②:質を落とさず記事を毎日書くことは異常に大変
  • 損失③:現実世界で行動やインプットしてないとネタ切れする

こちらも、ひとつずつ見ていきましょう。

損失①:労力が多い割に、すぐには結果は出ない

ブログは1記事書くのに5~6時間ほどかかるのに、すぐにアクセス数が伸びたり、収益が発生することはほとんどありません。

なぜなら、基本的に100記事ほど書かれていないと集客がうまくいかず、広告費をもらえないからです。

例えば、僕は最初の10~15記事は1記事書くのに7~8時間ほどかかりました。

1月は15記事を書いたのですがPV数は3,000ほどで1記事あたり200PVです。

月に50,000PVほどあればGoogle Adsense(グーグルアドセンス)で3万円ほどもらえると言われているので、まだまだです。

>> Tsuzuki’s Blog 1ヶ月目の報告と考察を見てみる

上記のリンクから僕のブログ開始1ヶ月目の収益や考察をみることができます。

ブログは圧倒的に労力がかかる割に、すぐに結果は出ません。

損失②:質を落とさず記事を毎日書くことは異常に大変

ブログ記事のクオリティを落とさずに毎日更新はとても大変です。

平均すると1記事あたり2,000〜5,000文字ほどなのですが、ブログを書く際にはライティングの型に沿って書いています。

理由としては、ライティングの型がないと読み手に分かりやすい文章を書くことができないからです。

具体例をあげると、僕はmanablogを運営されているマナブさんという方のライティングの型をそのまま取り入れています。

以下、manablogからの引用です。

・主張する

・理由を述べる

・具体例を述べる

・反論への理解を示す

・もう一度、主張する

出典元:ブログで文章構成を作る3つの手順【ブログ歴6年の僕が徹底解説】

上記のような型に沿ってブログを書いています。

これだけ見ると、「なんだ、あたりまえじゃないか」と思われる方も多いかと思います。

ぶっちゃけ、自由に書くことができないのは初心者の僕にとって苦痛でした。

型が決まっているため、全ての記事で「主張したいこと」と「主張の理由」、「理由の具体例」を考えなければいけません。

普段、文章を書くときここまで意識していなかったのが原因です。

初心者にとって、クオリティを担保した記事を更新し続けるのは大変です。

Twitterでも参考にしているサイトを紹介しています。

2月25日に1ヶ月連続更新を達成することができました。

損失③:現実世界で行動やインプットしてないとネタ切れする

ブログを毎日更新しているとすぐにネタが尽きてきます。

ブログで稼ごうと思っている場合は、一つのテーマをいろんな角度の記事で、深掘りしていくことが必要です。

例えば、カメラをテーマにブログを書く場合、カメラの撮り方やおすすめの商品紹介など、カメラに関して様々なキーワードを拾いながら記事を書かないといけません。

「カメラを撮るのは好きだけど、カメラの種類はあまり気にしてなかった」といった場合、自分で店頭に足を運んで良いカメラと悪いカメラの違いなどを、理解しないと読者に響く記事は書けません。

このように、実際に自分が経験したことやインプットしたことを増やしていかないと、ブログはネタ切れしてしまいます。

パソコンの前でアイデアを考えるよりも、外に出たり本を読んだりして、どんどんネタを増やしていきましょう。

今回は以上です。

ブログは大変ですが素晴らしいです。

始めてみようと思った方は、まずはサーバーを契約してwordpressでブログを開設してみましょう。

マナブさんの記事を見ながらやるとサクッとできますよ!

>> WordPressを使ったブログの始め方、収益アップとSEOも合わせて解説 | manablog

ではでは。

-BLOG, blog
-, , ,

Copyright© Tsuzuki Blog , 2019 All Rights Reserved.