LIFE THOUGHT

自分のやりたいことを見つける方法【ヒント:やりたいことの因数分解】

2019年5月5日

【これだけ読めばOK!】自分のやりたいことを見つける方法
https://www.tsuzukiblog.org/wp-content/uploads/2019/02/5900ca836a1a3b330923af9d9cfd389e.png
社会人

「あなたが本当にやりたいことは何ですか?」

よく、就活や転職のときに上のような質問をされます。

https://www.tsuzukiblog.org/wp-content/uploads/2019/01/111.001-e1548269720387.jpeg
悩んでいる学生

正直、自分がなにやりたいか分からないだよなぁ。

やりたいことが見つかっていない人は、答えるのが難しいですよね。僕も最初は答えられませんでした。

最近、やりたいことを見つける方法がわかったので、今回はその方法をシェアします。

・やりたいことを見つける
・好きな人を見つける

上のように考えてる限り、見つからない気がしたので下のように考えることにしました。

・やりたい気持ちに気がつく
・好きな気持ちに気がつく

「やりたい」「好き」は内から湧き上がる気持ちなので、自分を客観視して気持ちに気づけるかどうか。

上のツイートを深掘りしつつ解説していきます。

そもそも「やりたいこと」とは何か?

そもそも、やりたいこととは何か?

やりたいことを見つける方法の前に、そもそもやりたいこととは何か探っていきます。

「あなたのやりたいことはなんですか?」という質問

「あなたのやりたいことはなんですか?」

進学、就職、転職など、人生の帰路でよく聞かれる質問です。

この質問にハッキリと答えられる人は、芯があるとされ、ハッキリと答えられない人は、答えをさがすために本を読んだり、人の話をきいたり努力します。

ちなみに、「どうしてそれをやりたいの?」という質問もセットで聞かれ、人を悩ませます。

でも、上のような質問に自信を持って答える人をほとんどみたことがありません。 どうしてなんでしょうか?

人間の意思決定のうち、95%は無意識がしている

この質問に答えられないのは、人間は意外にも自分のことが一番わからないからです。

実は、脳科学の世界では私たちが日々の中で、無意識的な行動をとっている割合は95%と言われています。

意識的な意思決定5%しかしていないんです。驚きですよね。

例えば、歩くときにどちらの足から踏み出して、次にどっちの足を踏み出すなんて考えて歩かないですよね?

全て意識しなくても日常生活がスムーズに送れるのは無意識のおかげです。

人間は、自分がどうしてその意思決定をしたのか、意識していないことがほとんどなんです。

無意識の役割をわかりやすく説明しているオススメ本

>> 『予想どおりに不合理』(ダン・アリエリー)の要約まとめ

「やりたいこと」 = 「中・長期的に継続したいと思える活動

「やりたいこと」というのは中・長期的に継続したいと思える活動のことを指しているはずです。

マズローの5段階欲求でいうところの自己実現の段階をイメージしています。

例えば、ライティングが好きなので、ブログを通して世の中の情報格差を減らして、なめらかな世界を作りたいという感じです。

ちょっと高尚ですが、書くことが好きなので物書きとして誰かの役に立ちたいということです。

やりたいことが見つかると、どんなメリットがあるの?

やりたいことが見つかると、何をがんばればいいのかが分かり、不安が軽減されます。

不安要素が減ると、いろんなことに迷わなくていいので精神が安定した生活を送ることができます。

例えば、上の例であれば毎日ブログを書くことに夢中になれます。

次は、やりたいことを見つける方法をご紹介していきます。

やりたいことの見つけ方【3つのステップ】

やりたいことを見つける3つのステップ

やりたいことを見つける方法は、シンプルです。

3ステップで解説していきます。

STEP1:「やりたいことを見つける」を因数分解する

まず、「やりたいことを見つける」という言葉を因数分解します。

やりたいこと

中・長期的に継続したい活動

嫌いなことは継続したくない

好きで続けられること

やりたいことを因数分解すると、「やりたいこと」=「好きで続けられること」ということになりますね。

続いて、「見つける」を分解していきます。

見つける

どこにある?

自分の中にある

気づく!

「見つける」も因数分解をしてみると、「見つける」=「気づく」ということになります。自分の外の世界にやりたいことを探していた人は、ちょっと不思議な印象を受けるのではないでしょうか?

さて、これで因数分解が終わりました。続いては、「気づく」ためにどうすればいいのか、考えていきましょう。

STEP2:「見つける」から「気づく」へ

やりたいことを見つける
  ↓
好きで続けられること」に「気づく

因数分解した結果、「好きで続けられることに気づく」ことになりました。

自分が好きで続けられることは何か?ということに気がつけたらいいんです。

こう考えると、簡単にできそうじゃないですか?

STEP3:「気づき」を増やすアクションを起こす

すでにご紹介した通り、私たちの意思決定の95%無意識にゆだねられています。

これは僕の好きなことである」という意思決定も、無意識の中にあるわけです。

つまり、無意識下にある好きかどうかの判断基準を、意識下に取り出す作業が必要です。

この作業が気づきを増やすアクションです。

やりたいことを見つけ方【具体的なアクション】

やりたいことを見つけるための具体的なアクション

続いて、具体的なアクションをご紹介していきます。

その①:自己との対話【ノートとペンのご用意】

1つ目は、自己との対話です。

好きという感情を無意識から意識へ移動させるには、問いかけが効果的です。

具体的には、「自分がやったことのある活動のなかで、好きで続けられそうなことは何か?」という問いかけに答えていきます。

ノートやPCにリストアップしてみるとやりやすいです。

具体的なこと、抽象的なこと、どちらもリストアップしてみてください。

活動内容は、趣味、特技、仕事、遊びなんでもいいです。

あわせて読みたい

>>メモの魔力の要約まとめ〜自己分析の書き方・読了後にすべき3つの行動

その②:他者との対話

2つ目は、他者との対話です。

信頼のできる友人などに「悩み相談」のような形式で、話してみるといいですよ。

自分では考えてもみなかった質問をされたとき、気づきが得られるかもしれません。

その③:目の前の複数のことに取り組んでみる

最後は、目の前の複数のことに取り組んでみることです。

今までの経験で好きで続けられそうなものが見つからなかった場合、今やっていることを好きになる(or 好きであることに気づく)のが手っ取り早いです。

学校のプロジェクト、バイト、友だちとの遊び、いたずら、趣味、なんでもいいので複数のことに、情熱を持てるくらいハマってみましょう。

今やっていることの中にないと思う時は、新しいことにチャレンジしてみてもいいですね。

新しいことへのチャレンジの例

  • 個人ブログ
  • 筋トレ
  • ボランティア
  • スポーツ
  • 陶芸
  • 読書
  • 英語学習
  • 料理
  • プログラミング
  • ナンパ
  • 虫採り
  • 登山

などなど

自己分析ツールを使ってみる【番外編】

自己分析ツールを使ってみる

ここまで、やりたいことを探す方法をご紹介してきました。

世の中には、自己分析ツールなるものがあり、統計データに基づいた分析をしてくれます。

今回は、オススメの分析ツールを2つご紹介します。

【有料ツール】ストレングスファインダー

ストレングスファインダーは、米国ギャラップ社が開発したオンライン「才能診断」ツールです。

WEB上で30分質問に答えると、自分の34の資質がわかります。

1回2,000円ほどで診断することができます。

詳しくはこちらの記事で解説しています。

>> ストレングスファインダーで自己分析した結果【Tsuzukiの34の資質】

【無料ツール】グッドポイント診断

グッドポイント診断

グッドポイント診断はリクナビNEXTが実施していて、18種類の中からあなたの強みを5つ診断してくれます。

転職の際に使われるツールで、企業も採用のために使っていてシンプルかつ精度が高いです。

新規会員登録をすると無料で受けられるのでおすすめです。

[btn href="https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3438060&pid=885810077" class="cubic1 red-bc shadow strong"]無料でグッドポイント診断を受ける[/btn]

クリックするとリクナビNEXTの公式HPに移動します
無料はいつ終了するかわからないのでお早めに

※30日間の無料トライアル中で解約しても料金はかかりません。

やりたいことが見つかった後は、どうすればいいか?

やりたいことが見つかった後はどうすればいいか

好きで続けられることに気づいたら、次はどうやって継続できるかを考えましょう。

仕事にしてもいいですし、趣味として続けてもいいです。

とにかく、継続していける方法を考えてみましょう。

例えば、僕はブログ運営をしていますが、東京本社のIT会社でリモートワーカーとして働いています。

今のところ仕事をやめるメリットがないので続けていますが、今後はブログ一本になるかもしれません。

よく、好きなことでは稼げないと聞きますが、いくつかの仕事を同時並行してバランスを取ることが大切です。

あわせて読みたい

>> 継続力を身につけるたった3つの方法【継続は力なり】

やりたいことの見つけ方、まとめ

今回はやりたいことを見つける方法をご紹介してきました。

本記事の内容をまとめると以下のようになります。

  • やりたいことを見つけるを因数分解してみる
  • やりたいことは自分の無意識の中にある
  • 自己・他者との対話でやりたいことを意識化させる
  • 便利な自己分析ツールを試してみるのもアリ
  • やりたいことを継続できる環境を整える

やりたいことはあなたの無意識の中にあります。

自分が好きで続けられることに気づいて人生の幸福度を高めましょう。

今回は以上です。

-LIFE, THOUGHT
-,

Copyright© Tsuzuki Blog , 2019 All Rights Reserved.