Absence University

休学中に英語を学習する意味ってなに?【ヒント:選択と集中】

2019年1月14日

[say name="大学生" img="https://www.tsuzukiblog.org/wp-content/uploads/2019/01/student-e1546513253910.png"]休学して語学留学で英語を勉強することに意味ってあるの?英語話せて何がメリットなの?[/say]

そんなお悩みを解決します。

「休学して語学留学には意味がない、英語の勉強は国内でもできるだろう。」

こんな言葉をよく耳にしますが、「語学習得」という目的だけに絞ってメリット・デメリットを考えるのは早急すぎます。

特に何も世間や社会を知らない大学生が英語をペラペラに話せても、

「どんなタイミングで使うのか?」
「社会に出てから本当に役立つのか?」
「そもそも英語を話せることってどういう意味を持つのか?」

なんて分からないと思います。

少なくとも僕には全然わかりませんでした。笑

ちなみに筆者である僕は、2014年にセブ島留学をして英語を学び、TOEIC400点→705点になりました。

英語力だけにフォーカスするとぜんぜん完璧ではありませんが、2017年にベトナムでフリーランスの広告営業をしていた際は、留学で学んだ英語を活かして日系フリーペーパーの会社で社内No.1の営業成績を出していました。

営業先はアメリカ人・フランス人・ベトナム人・インド人など多様でした。

今回は英語を話せるメリット・デメリットではなく、休学して語学留学をして英語を学ぶという「プロセス」のメリット・デメリットをご紹介します。

休学中に英語を学習する意味ってなに?

下記のようにまとめています。

・「投資期間」としてみる休学時の英語学習

・「環境変化」としてみる休学時の英語学習

意味①:「選択と集中」がしやすく、英語を身につけやすい

休学して英語を学習する1つ目の意味は「選択と集中」ができることです。

「選択と集中」とは、休学期間を英語学習に集中投下することを意味しています。

「選択と集中」に意味がある理由としては、「選択と集中」は一気に自分を成長させるテコの働きをしてくれる点にあります。

休学をして語学留学をすると数ヶ月〜1年ほどの時間を英語学習に捧げることになります。

どんな才能や技量も、一万時間練習を続ければ“本物”になる「一万時間の法則

天才!成功する人々の法則(マルコム・グラッドウェル)

と言われており、10,000時間までかけなくとも、半年〜1年ほど「選択と集中」をすると素人レベルからガラッと変わるような成長ができます。

筆者もフィリピンでの語学留学の際、クラス分けテストで何も話せず一番下のクラスからスタートでしたが、休み時間もフィリピン人の先生と話すなど工夫をすることで、英語で営業ができるまでになりました。

このような、一点集中で自己研鑽を積む「投資期間」を作れるのは休学して英語を勉強する意味のひとつと言えます。

[box class="box29" title="Point"]
[list class="list-raw"]

  • 一定の「投資期間」を設けられる点に、休学して語学学習する意味がある。
  • 「選択と集中」は将来にレバレッジをかけられる。

[/list]
[/box]

意味②:英語を話せるようになることで、自分の世界を広げられる

休学して英語を学習する2つめの意味はコンフォートゾーンを出られることです。

大学という心の落ち着く場所にいるよりも、留学先という不慣れで居心地の悪い場所の方が自分の多様な面を知ることができます。

例えば、「自己紹介の時に○○県出身で○○大学○○学部2年のTsuzukiです。」と言っても留学先の人々は「どこですかそれ?」といった反応だと思います。

バックグラウンドを共有できず、言語も異なる国の人に囲まれると居心地が悪いはずです。

居心地の悪い環境の下で、目標に向かって練習することで新たな自分と出会うことができるはずです。

また、コミュニケーションの際に英語を話さないといけないという環境下では、英語を話すために学習するという合理的な学習状況が整います。

テストでよい点を取るための英語ではなく、相手に伝わる英語を学ぶことができるのも環境変化がもたらす大きな意味です。

[box class="box29" title="Point"]
[list class="list-raw"]

  • コンフォートゾーンを出るきっかけになる。
  • 伝わらないとコミュニケーションできない環境が英語力を向上させる。

[/list]
[/box]

休学して英語を学習する3つのメリット

下記のようにまとめています。

・「時間」を対価に「自己価値」を高められた自信を持てる

・英語を使用して生活・仕事をするイメージを疑似体験できる

・価値観の異なる人と出会い、人生のサンプル数が増える

その①:「時間」を対価に「自己価値」を高められた自信を持てる

休学期間という「時間」を元手に英語を話せるようになるという「自己価値」を高められたら、自分に自信が持てるはずです。

人間は目標設定を行い、自分の設定した目標を達成することで自己肯定感が醸成され自分に対して自信を持つことができるようになっていきます。

英語を話せるという自信も大切ですが、自分は自己目標を達成できる人間だと思えることで、英語以外のことも達成できる!というように横展開ができます。

[box class="box29" title="Point"]
[list class="list-raw"]

  • 自己目標の達成で自己肯定感を高められる。
  • 目標達成の経験は語学以外にも応用できる。

[/list]
[/box]

その②:英語を使用して生活・仕事をするイメージを疑似体験できる

留学先では英語を話さないと現地の人とコミュニケーションが取れないことがほとんどです。

日常的に英語を使用することで、英語を利用して生活する自分が想像できたり、仕事で英語を使うイメージを疑似体験できるはずです。

イメージを持ちながら英語を学習することで、「英語を使った仕事をしてみたい!」といった漠然とした未来が具体化するでしょう。

[box class="box29" title="Point"]
[list class="list-raw"]

  • 英語を使用して仕事をするイメージが持てる。
  • 理想を具体化できる。

[/list]
[/box]

その③:価値観の異なる人と出会い、人生のサンプル数が増える

英語を話せるようになることで、コミュニケーションを取れる相手の数は飛躍的に伸びます。

異なる価値観を持った人たちとコミュニケーションを取ることで、新しい価値観や人生のサンプルを自分にインストールできます。

具体的な人生のサンプルをインストールすることで、未来に対する選択肢が広がります。休学期間には、年代や国を越えてたくさんの人と出会うことをおすすめします。

[box class="box29" title="Point"]
[list class="list-raw"]

  • 異なる文化や年代の人から新しい価値観をインストールできる。
  • 人生のサンプルを見つけられる。

[/list]
[/box]

休学前・休学中に英語を勉強する方法【ヒント:外に出ちゃいましょう】

続いて、休学中に英語を学ぶ具体的な方法についてご紹介していきます。

その①(休学前):国内の英語学習サービスを利用する
その②(休学中):海外に語学留学へいく
その③(休学中):海外にワーキングホリデーしにいく

一つずつ解説していきます。

その①(休学前):国内の英語学習サービスを利用する

QQ English

1つ目の方法は、国内の英語学習サービスを利用することです。

国内の「英会話教室」「オンライン英会話」で英語を学習しておくことで、英語の基礎体力を向上させることができます。

英単語、文法、発音、リスニングなど、基本的な英語力を身につけることで、留学やワーホリでの英語学習の伸び方が変わります。

おすすめのオンライン英会話サービス

QQ English

フィリピンのセブ島に本拠地を構える、オンライン英会話スクールQQ Enlgish。

一般のユーザーのみならず、芸能人なども通っている信頼と実績のあるサービスです。

無料でオンラインレッスンを受講することも可能です。

一度お試ししてみてはいかがでしょうか?

>> QQ Englishでオンライン英会話を無料体験してみる。

その②(休学中):海外に語学留学へいく

フィリピン政府公式の認定語学学校NILS(ニルス)

2つ目は、海外へ語学留学に行くことです。

僕自身、フィリピンのセブ島で3ヶ月間の語学留学にいきましたが、そこで英語力が一気に伸びました。

フィリピン留学は、あなたのスタイルに合わせて学習コースを選択することができ、学校の外でも現地人と英語で話すことができてコスパ最高です。

今回はおすすめのフィリピン留学の語学学校

フィリピン政府公式の認定語学学校NILS(ニルス)

まずは、無料で資料請求をしてみてください。

>> フィリピン政府公式認定語学学校NILS(ニルス)の資料を無料請求してみる

NILSの担当者から電話があると思いますので、フィリピン留学に関して疑問に感じていることや、英語力UPのためにはどんなコースが用意されているのか、聞いてみてください。

その③(休学中):海外にワーキングホリデーしにいく

Global Dive(グローバルダイブ)

3つ目は、海外にワーキングホリデーにいくことです。

ワーホリは、現地でワーホリ用のビザを取得して、現地で働きながら英語を学ぶことができる制度です。

オーストラリアやニュージーランドなど、英語圏でのワーホリ経験は英語上達だけでなく、現地の勤務経験も積めるので人生の幅が広がります。

おすすめのワーホリ紹介会社

Global Dive(グローバルダイブ)

留学&ワーホリどちらも紹介しているGlobal Dive(グローバルダイブ)がおすすめです。

無料で留学・ワーホリに関するカウンセリングをしているので、悩んでいる方は一度相談してみるといいかもしれません。

>> 無料でワーホリ・留学のカウンセリングを受けてみる。

まとめ

今回は、休学して英語を学ぶ意味、具体的に英語を学ぶ方法をご紹介しました。

僕自身、語学留学中に出会った人のおかげで世界が広がりました。

人生のサンプルをどんどん集めて自分の人生を豊かにしましょう。

-Absence University
-,

Copyright© Tsuzuki Blog , 2019 All Rights Reserved.