Absence University

休学中は何をするべき?おすすめの過ごし方【休学2年の筆者が解説】

2019年2月8日

https://www.tsuzukiblog.org/wp-content/uploads/2019/01/student-e1546513253910.png
休学中に何をするべきか知りたい人

休学期間に何をしたらいいか知りたい。
おすすめの過ごし方も知りたい。

こんな疑問にお答えします。

筆者である僕は2014年と2017年に大学を休学(通算2年)して、セブ島留学・海外インターン・フリーランスを経験しています。

ベトナムでフリーランスをしていた時は、1週間で1,300ドル( ≒ 130,000円)ほど稼いでいました。

本記事の内容

・休学中は何をするべきか?おすすめの過ごし方を解説

・休学時の体験を最大化するためにすべきこと

・休学中にするべきじゃないこと

この記事を読んでいる人は、休学には興味があるけど何をするべきか迷っている人が多いと思います。

本記事を読むと休学中に何をすべきか、逆に何をすべきでないかが理解できます。

結論から言うと休学中にすべきことは「海外インターンシップ・フィリピン留学」です。

これから休学するか検討している人は、興味のある部分だけ読んでみてください。

それではいきましょう。

休学中は何をするべきか?2つのおすすめの過ごし方を解説

僕がおすすめする、休学中にすべきことは、以下の2つです。

[box class="box6"] [list class="list-raw"]
  • 海外インターンシップ
  • フィリピン留学
[/list] [/box]

ひとつずつ解説していきます。

休学中にすべきこと①:海外インターンシップ

休学中にすべきことその①は、海外インターンシップに参加することです。

そもそも海外インターンシップって何?どんなことするの?という人は、「【初心者向け】海外インターンシップとは?【意味や仕組みを簡単に解説】」をご覧ください。

国としてはこれから伸びてくるであろう東南アジア・アフリカあたりがいいと思います。

理由としては、海外インターンシップでは「市場を変えて戦うことの重要性」が学べるからです。

市場を変えて戦う=自分の強みを活かせる市場で戦うということを意味します。

具体例でいうと、僕は大学1年生の終わりに休学してベトナムで海外インターシップに参加していたのですが、インターン中に上司の許可を得ず社長に直談判して、企画を通したことがありました。

国内インターンではインターン生の裁量権はあまり大きくないため難しいですが、インターン生の裁量権が大きかったベトナムでは僕の強みである提案力が活きました。

たしかに、国内インターンでも裁量権の多いところもあるという意見もありますが、いきなり飛び込んで渡される裁量権は、平均してベトナムの方が大きいかと思います。

休学中は、海外インターンシップに参加することおすすめします。

>> 海外インターンシップにかかる費用は「休学費用のまとめ【全50大学を徹底調査】」をチェックしてみてください。

[box class="box29" title="Point"]
[list class="list-raw"]

  • 海外インターンでは戦う市場をずらせる。
  • 強みを活かせる市場で戦うことが重要。

[/list]
[/box]

休学中にすべきこと②:フィリピン留学

休学中にすべきことその②は、フィリピン留学(セブ島留学)です。

フィリピン留学はコスパよく英語を話せるようになるからおすすめです。

僕の場合、ベトナムでの海外インターン前に3ヶ月間、セブ島留学をして英語を勉強していました。

英語を全く話せず、大学1年の夏に受けたTOEICは400点ほどでした。(後半はほとんど色塗りの時間に。。。笑)

ところが、3ヶ月のセブ島留学をした後にTOEICを受けてみると705点まで伸びていました。(TOEICの勉強は全くしない状態で受けました。)

2017年には、ベトナムでフリーランスとして広告営業をしていたのですが、ほとんどのクライアントが欧米系(アメリカ、フランス、イタリア)とベトナム系で全て英語で、契約を量産していました。

もちろん、セブ島留学で英語が身につくかは人によります。

ぶっちゃけ、留学中に部屋にこもりっぱなしだったり、勉強を諦めると話せるようになりません。

とはいえ、四六時中、英語を話さないといけない環境に身を置けることは、英語力を伸ばす上で重要です。

おすすめの語学学校は「フィリピン政府公式認定 語学学校NILS」です。

1週間58,700円(寮・食費込み)から参加でき、個人のレベルに合わせてスピーキング特化などカスタマイズ可能です。

立地もITパークという、セブ島のシリコンバレー的な位置にあるので、キレイで安全ですよ。

休学中にコスパよく英語力を伸ばしたいなら、フィリピン留学(セブ島留学)がおすすめです。

>> フィリピン留学にかかる費用は「休学費用のまとめ【全50大学を徹底調査】」をチェックしてみてください。

[box class="box29" title="Point"]
[list class="list-raw"]

  • フィリピン留学は英語力を伸ばすのにコスパがいい。
  • 英語漬けになる環境が大切。

[/list]
[/box]

休学時の体験を最大化するためにすべき3つのこと

大きく分けて2つです。

[box class="box16"]
[list class="list-raw"]

  • その①:ブログやnoteで体験を言語化する
  • その②:写真や動画は蓄積させておく
  • その③:名刺になるものを用意しておく

[/list]
[/box]

それぞれ、詳しくみていきます。

その①:ブログやnoteで体験を言語化する

休学時の体験を言語化することで、復学後に経験を活かすことができます。

例えば、Tsuzuki’s BlogのようにWordPressでブログを開設して、「Tsuzukiの戦略的休学ブログ」みたいな名前をつけて休学中の体験を発信してみるなど。

noteを使って発信していくのもいいと思います。

大切なことは、経験を言語化して他者にわかりやすく伝えることです。

>> 「WordPressを使ったブログの始め方、収益アップとSEOも合わせて解説 | manablog」をみてブログを開設してみる。

その②:写真や動画は蓄積させておく

休学中にいった場所や会った人、新しい町の風景など、写真や動画で素材として残しておきましょう。

特に、何かに取り組んでいる時の自分(と仲間)の写真は、復学後に使うタイミングが割と多かったりします。

例えば、休学体験をインタビューされる際や、復学後にブログを始めて当時の体験の記事を書く際など、休学時の体験を活用する際には写真が便利です。

休学前にデジカメを1台買っておくと重宝します。

ちなみに僕はNIKONのデジカメを使っていました。(2012年モデル)上のモデルが新しいです!

その③:名刺になるものを用意しておく

休学中は、基本的に何者でもなくなります。

僕は、海外インターンやセブ島留学中に「◯◯大学のTsuzukiです!」と紹介しても、相手の反応は「???」でした。

それよりも「Tsuzukiです!◯◯という目的で海外インターンに参加して頑張ってます!」という紹介の方が、相手には伝わりやすいです。

その際、名刺などの自分を知ってもらえるものを持っていると、より相手に理解してもらいやすくなります。

あとでメールなど連絡が届くなんてこともあります。

日本語(表)・英語(裏)で名刺を100枚〜300枚ほど作っておくといいですよ。

>> 安くてハズレのない名刺を作りたい方は「ラクスル」がおすすめです。

>> デザインにこだわった名刺を作りたい方は「カスタムデザイン名刺【whoo】」がおすすめです。スマホからデザイン作れます。

名刺を作ったら、名刺入れの中に入れて常に持ち歩きましょう。

休学中にするべきじゃないこと

最後に休学中にすべきではないことをご紹介します。

前提として、僕は休学中は何をしてもいいと思ってます。

自分で覚悟を持って休学を決めるわけですから、どのように時間を使おうが人の勝手というわけです。

どんな経験だって意味を持たせられるかは、自分の行動で決まるとは思います。

ただし、休学中に本当にする必要があることなのか?と疑問を持ってしまうことは、やらないべきです。

なぜなら、休学中じゃなくてもできることなら復学してからやればいいからです。

例えば、「アルバイトに全てを捧げます」というのは休学期間が始まる前にしておくべきです。

休学中だからこそできることに注力できる環境を作るための準備をしておくことが大切といえます。

結論は、休学中にすべきじゃないことは、休学しなくてもできることに時間を割くことです。

有意義な休学期間を過ごすために参考にしてください。

ではでは。

-Absence University
-, ,

Copyright© Tsuzuki Blog , 2019 All Rights Reserved.