WordPress WordPressプラグイン 未分類

【WPS Hide Loginの使い方】WordPressのログインURLを簡単に変更する方法

悩んでいる人

WPS Hide Login を使ってセキュリティ強化したい!

WordPressのログインURLを変更する方法を教えてほしい!

こんなお悩みを解消します。

本記事は「WordPressのおすすめプラグイン11選」に関連する記事です。

本記事の内容

・WPS Hide Login とは?
・WordPressログインURLを変更する方法
・WordPressにログインできない時の対処
・WordPressの簡単セキュリティ対策3つ

WPS Hide Login を使って、WordPressのログインURLを変更する方法をご紹介します。

WordPressのログインURLを変更することで簡単にセキュリティ強化もできるので、初心者の方は最初のうちに導入しておきましょう。

導入の仕方も超簡単なので、サクッと解説していきますね。

WordPressのセキュリティは強化しておいて損はありません。

WPS Hide Loginを活用して、セキュリティ対策していきましょう!

Tsuzuki

WPS Hide Login とは?

WPS Hide Login
WPS Hide Login

WPS Hide Login とは、WordPressのログインURLを変更できるプラグインです。

ログインURLの変更

✖️変更前:https://tsuzukiblog.com/wp-admin/
◎変更後:https://tsuzukiblog.com/好きな文字列

上記のようにログインURLを変更することで、不正アクセスに対してセキュリティ面を強化することができます。

WPS Hide Login でログインURLを変更した後は、新しいログインURLをメモしておくようにしましょう。

それでは、ログインURLを変更する手順をご紹介します。

Tsuzuki

WPS Hide Login の使い方【ログインURLを変更する方法】

WPS Hide Login の使い方【ログインURLを変更する方法】
WPS Hide Login の使い方【ログインURLを変更する方法】

WPS Hide LoginでログインURLを変更する手順は4つです。

ログインURLを変更する4つの手順

①:WPS Hide Login をインストール
②:WPS Hide Login を有効化
③:新しいログインURLを設定
④:新しいログインURLを利用

①:WPS Hide Login をインストール

WPS Hide Loginをインストールしていきましょう。

WordPress管理画面」→「プラグイン」→「新規追加」→「検索窓にWPS Hide Loginと入力」→「インストール」をクリックしてください。

「検索窓にWPS Hide Loginと入力」→「インストール」をクリック
「検索窓にWPS Hide Loginと入力」→「インストール」をクリック

インストールができたら、有効化していきましょう。

②:WPS Hide Login を有効化

WPS Hide Login を有効化していきます。

有効化」をクリックしてください。

WPS Hide Login を有効化
WPS Hide Login を有効化

有効化が完了すると、下記のように表示されます。

有効化が完了
有効化が完了

あとは、新しいログインURLを設定していくだけです。

③:新しいログインURLを設定

WPS Hide Login で新しいログインURLを設定していきましょう。

WordPress管理画面」→「設定」→「一般」をクリックして、「WPS Hide Login」のところまでスクロールしてください。

ログインURLを「login」から、好きな文字列へと変更しましょう。

半角ローマ字と数字を混ぜておくといいですよ。

ログインURLを好きな文字列へと変更
ログインURLを好きな文字列へと変更

ログインURLを変更できたら、「変更を保存」をクリックしましょう。

ログインURLの変更完了
ログインURLの変更完了

ログインURLの変更が完了すると下記のようにURLが表示されるので、メモっておきましょう。

新しいログインURL
(必ずメモっておきましょう)
新しいログインURL
(必ずメモっておきましょう)

新しいログインURLは、ブックマークしておくといいですよ。

Tsuzuki

④:新しいログインURLを利用

一度、WordPressをログアウトしてみましょう。

以前のログインURLにアクセスしようとすると、404ページが表示されます。

404ページとは、存在しないページを意味するエラーコードです。

404ページ
404ページ

一方、新しいログインURLにアクセスすると、ログインページが正しく表示されます。

ログインページ
ログインページ

これで、WPS Hide Login を使ったログインURLの変更は完了です。

次は、「WordPressのログインURLを忘れてログインできなくなったとき」の対処法をご紹介していきます!

Tsuzuki

WPS Hide Login でログインURLを変更した後に、WordPressにログインできなくなったときの対処法

WPS Hide Login でログインURLを変更した後に、WordPressにログインできなくなったときの対処法
WPS Hide Login でログインURLを変更した後に、WordPressにログインできなくなったときの対処法

WPS Hide LoginでログインURLを変更した後、ログインURLをメモするのを忘れて、ログインできなくなってしまったときの対処法を解説します。

対処法としては、サーバー側から「WPS Hide Login」を削除することです。

ログインできないときの対処手順

手順①:サーバーにログインする
手順②:ファイルマネージャーに移行する
手順③:WPS Hide Loginを削除する

1つずつ解説していきますね。

手順①:サーバーにログインする

契約しているレンタルサーバーにログインします。

今回は当ブログでも利用している、ConoHa WINGの画面での解説です。

ConoHa WINGのログイン画面

ログインできたら、ファイルマネージャーに移行していきます。

手順②:ファイルマネージャーに移行する

今回はConoHa WINGの画面で解説していますが、他のサーバー会社でも同じように、ログインしてファイルマネージャーに移行すればOKです。

ConoHa WINGの管理画面

ファイルマネージャーに移行すると、下記のような画面になります。

ファイルマネージャー
ファイルマネージャー

他のサーバー会社のファイルマネージャーはデザインなどが違うかもしれませんが、似たような形式しているはずです。

手順③:WPS Hide Loginを削除する

WPS Hide Login を削除していきましょう。

public_html」→「サイトURL」→「wp-content」→「plugins」をクリックして、「WPS Hide Login」を選択して、「ゴミ箱ボタン」をクリックします。

「WPS Hide Login」を選択して、「ゴミ箱ボタン」をクリック
「WPS Hide Login」を選択して、「ゴミ箱ボタン」をクリック

下記のように、確認されますが「削除」でOKです。

「削除」をクリック
「削除」をクリック

上記で「WPS Hide Login」の削除が完了しました。

旧来の「サイトURL/wp-admin/」でログインURLにアクセスできるようになります。

「WPS Hide Login」でログインURLを変更したい場合は、最後プラグインをインストールして設定しましょう。

次は、ログインURLを忘れないように、メモかブックマークをしておくといいですよ。

Tsuzuki

WordPressのセキュリティ対策ですべきこと

WordPressのセキュリティ対策ですべきこと
WordPressのセキュリティ対策ですべきこと

WPS Hide Loginを使ったセキュリティ対策以外に、WordPressのセキュリティ対策としてやっておくべきことは下記の3つです。

簡単にできるセキュリティ対策3つ

  1. ログインパスワードを堅牢にする
  2. 不要なプラグインは削除する
  3. プログラムは常に最新状態を保つ

WordPressのログインパスワードは「パスワード生成ツール」などを使って、ランダムで複雑なパスワードに変更しておくといいですよ。

※強度を最強にしておけば、堅牢なパスワードを生成することができます。

また、不要な「プラグイン」や「テーマ」は定期的に削除して、「WordPress・テーマ・プラグイン」は常にアップデートをして最新の状態に保ちましょう

上記のような、初心者でもできるWordPressセキュリティ対策は、しっかりをやっておくべきですね。

ブログは資産なので、自分の責任でしっかり管理・保全をする意識を持ちましょう。

Tsuzuki

まとめ:WPS Hide LoginでWordPressセキュリティを強化しよう!

まとめ:WPS Hide LoginでWordPressセキュリティを強化しよう!
まとめ:WPS Hide LoginでWordPressセキュリティを強化しよう!

今回は、WPS Hide LoginでWordPressのログインURLを変更する方法をご紹介しました。

WordPressブログは宝物になるので、不正アクセスをされないように、しっかりとセキュリティ対策をしておくのがおすすめです。

WPS Hide Login は手軽にセキュリティ対策をしてくれるプラグインなので、初心者の方はこの機会に活用してみましょう。

ちなみに、他におすすめのプラグインについては、【保存版】WordPressおすすめプラグイン11選【導入手順あり】にて解説しているのでチェックしてみてください。

  • この記事を書いた人

Tsuzuki

ブロガー【経歴】立命館大学 ▶︎IT企業でWebマーケター ▶︎ Tsuzuki Blog (最高月34万PV / 380万円)運営 ▶︎ ブログラボ創設 ▶︎ 2020年5月に独立 ▶︎ 福岡で妻と暮らしてます ● SEO・ブログ・アフィリエイトが好きです ● 北海道出身の28歳

-WordPress, WordPressプラグイン, 未分類