BLOG blog

WordPressブログの始め方を解説【初心者でも100%失敗しない方法】

2019年7月27日

ワードプレス(WordPress)ブログの始め方を解説【初心者でも簡単】
悩んでいる人

WordPressでブログを始める方法が知りたい。サーバーとか、ドメインとかよくわからない僕でも開設できるの? 初心者でもわかるように教えてほしい。

こんなお悩みを解決します。

本記事を読むと、ブログ初心者のあなたでもWordPressでブログを開設する方法が簡単に理解できますよ。

当ブログの管理人です。全くの素人からブログ9ヶ月で月14万PV・収益月50万円を達成することができました。ワードプレスは1度導入してしまえば、使いやすいのでおすすめですよ。

Tsuzuki

実際に、僕がブログ初心者だったころにつまづいたポイントを押さえつつ、58枚の画像を使って誰でも簡単にWordPressブログを立ち上げる方法を解説しています。

本記事では、まずワードプレスでブログを始めるまでの全体像をお話しして、その次に具体的なブログの始め方についてご紹介していきます。

ちょっと長いと感じるかもしれませんが、画像を見ながら落ち着いて進めると、
絶対にワードプレスでブログを立ち上げられるので、最後までじっくり読んでみてください。

本記事を読んでブログ開設した方々

この記事を読んで、WordPressブログを立ち上げる方が増えてきました。

たくさんいただいたメッセージの中から、いくつかピックアップしてご紹介します。

本記事に沿って着実に進めていけば、初心者の方でも100%開設できるので焦らずに進めていきましょう!

ワードプレスでブログを始めるまでの全体像

まずはじめに、ワードプレスでブログを立ち上げる際に、「何が必要なのか」「どのくらいの費用や時間がかかるのか」を簡単にご説明していきます。

2.0 サイトづくり

ブログ立ちあげに必要な3つの要素

①サーバー契約
②ドメイン取得
③WordPressインストール

ワードプレスでブログを始めるには、上記のように3つの要素が必要です。

3つそれぞれの説明は、後ほどご説明するので、
今は3つの要素が必要なんだということだけ覚えておいてください。

そして、ゼロからワードプレスブログを作るために、次の6つの手順で進めていきます。

ブログ開設までの手順

手順①:ドメインを取得する
手順②:サーバーを契約する
手順③:ドメインをサーバーに接続する
手順④:WordPressをインストールする
手順⑤:WordPressの初期設定

それでは、これから具体的な手順を解説していきたいのですが、
その前に、ブログ開設の費用・時間・労力についてご説明します。

ブログ開設の費用:約7,600円

ワードプレスでブログ開設するには、以下のような費用がかかります。

ブログ開設の費用

サーバー契約:初期費用+毎月の利用料
ドメイン取得:「.com」だと999円(税抜)

本記事では、数多くのブロガーが愛用する「エックスサーバー」というサーバーの「x10プラン」をご紹介します。

お値段は以下のような感じです。

契約期間初期費用ご利用料金合計
3ヶ月3,000円1,200円×3ヶ月6,600円
6ヶ月3,000円1,100円×6ヶ月9,600円
12ヶ月3,000円1,000円×12ヶ月15,000円
24ヶ月3,000円950円×24ヶ月25,800円
36ヶ月3,000円900円×36ヶ月35,400円

※スマホは横スクロールができます。

例えば、3ヶ月でサーバー契約すると、初期費用+利用料金で6,600円(税抜)がかかります。

サーバーとドメインを合わせて、7,599円(税抜)がブログ開設にかかる費用です。

4ヶ月目以降は毎月約1,000円のサーバー代のみかかります。ブログの固定費はかなり低いですよね。ちなみに、ブログを半年くらい続けると月5,000円くらいは稼げるようになるので回収可能です。

ブログ開設の時間:約1時間

ブログ開設にかかる時間は合計すると、約1時間ほどで完了します。

実際には、ドメイン取得後のサーバー設定には1日おかないといけないのですが、トータルの作業時間だと1時間ほどで済みます。

ブログ立ち上げをお考えの方は、少なくとも1時間ほどはお時間を取れるときに、ブログ開設に取り組むことをおすすめします。

途中で中断してしまうともったいないですよ。

ブログ開設の労力:初心者でも超簡単!

ブログ開設の労力ですが、本記事の通りに進めていけば、ぶっちゃけ初心者でも超簡単にできます。

全くの初心者だった僕でもできたのですから、あなたも落ち着いて進めると絶対に立ち上げられます。安心してください。

手順①:ドメインを取得する

それではさっそく、手順①についてご説明していきます。

手順①ではドメインを取得していただきます。

ドメイン名とは、「○○○.com」のようなURLの文字列のことです。

あなたは、「○○○」の文字列を自由に決めることができます。

例えば、当ブログであれば「tsuzukiblog」が自分で決めた文字列です。

そして、「.com」はトップレベルドメインと呼ばれています。

今回であれば、お名前.comというドメイン販売業者から「tsuzukiblog.com(例)」というドメイン名を購入する必要があります。

「??? 」と思われる方もいらっしゃると思いますが、まずは手を動かしてみるとよく分かりますよ。

Tsuzuki

ドメイン取得先は「お名前.com」

お名前.com
お名前.com

今回は、日本で一番有名なドメイン業者「お名前.com」 を利用して、ドメインを取得する方法をご紹介します。

お名前.comってどんな会社?

お名前.com」は1991年創業で、東証一部に上場している「GMOインターネット株式会社」という企業が運営しているWEBサイトです。

個人ブロガーから有名企業まで、幅広いユーザーが使っているサイトなので安心ですよ。

まずは、以下のリンクからお名前.comにアクセスしてみてください。

>> 「お名前.com」にアクセス

※クリックすると公式サイトへ飛びます。

STEP1:ドメインの決定

STEP1では、ドメインの「名前」「トップレベルドメイン」を決定します。

「名前」は「○○○.com」の「○○○」の部分です。アルファベットで好きな文字列を考えておきましょう。

ドメインを入力しましょう

もしも、入力した文字列がすでに使用済みだった場合、他の文字列でトライしてみましょう。

※ドメインはイス取りゲームと一緒で、早い者勝ちです。

「トップレベルドメイン」は「○○○.com」の「.com」の部分です。特にこだわりがなければ、王道の「.com」で申請しておけば問題ないです。

.comにチェックを入れて、料金確認へ

「Whois情報公開代行メール転送オプション」と、「ドメインプロテクション」についてはチェックしてもしなくてもOKです。

アドレスとパスワードを入力して、次へ

STEP2:ドメインの申込・支払い

情報の入力画面

希望のドメイン名にチェックをした後に、会員情報の入力をしていきます。

入力が完了したら、お支払い情報も入力してドメインを購入します。

お支払い情報の入力

STEP3:メール認証で有効化する

支払い完了画面

購入が完了したら、メールが5通ほど届きます。

【重要】[お名前.com] ドメイン 情報認証のお願い

件名:【重要】[お名前.com] ドメイン 情報認証のお願い
という件名のメールを開いて、認証リンクをクリックすると以下のようなメッセージが現れるはずです。

メール認証画面

これで、メール認証が有効化されました。ドメイン取得はこれで完了です。

手順②:サーバーを契約する

続いて、手順②に進んでいきます。

手順②はレンタルサーバーを契約することです。

今回は、初心者にもおすすめな、「エックスサーバー」のx10プランに加入する方法をご紹介していきます。

ブログ初心者に「エックスサーバー(XSERVER)」がおすすめな理由

エックスサーバー

世の中にはエックスサーバーの他に、さくらサーバーロリポップなど、多数のサーバー会社が存在していますが、
なぜエックスサーバーがおすすめなのかご説明します。

エックスサーバー のおすすめポイント

理由はシンプルで、管理画面が使いやすく、100万PVまでアクセスに耐えられ、ワードプレスのインストールも簡単にできて、コスパもいい「キングオブサーバー」だからです。

実際に、SNSを見てもブログ初心者からプロブロガーまで、幅広い層に愛されているサーバーといえます。

今回は、エックスサーバーでの進め方についてお話ししていきます。

下のリンクから公式サイトを開きながら読んでください。

>> 「エックスサーバー」にアクセス

※クリックすると公式サイトに飛びます。

STEP1:プランの決定(x10がおすすめ)

x10プラン

エックスサーバーの中でも、おすすめなのはx10プランです。

「x10プラン」はエックスサーバーの中でも最安プランですが、
ブログ運営に必要なスペックは全てそろっている優秀なプランです。

エックスサーバー の費用感

初期費用:3,000円
月額費用:1,200円 × 3ヶ月 = 3,600円
合計:6,600円

※1年契約にすると1ヶ月あたり1,000円になります。
※ブログで唯一かかる固定費です。ここはケチれません。

プランを決めたらさっそく申し込みをおこなっていきます。

STEP2:サーバーの申込

右サイドバーの「お申し込みはこちら」をクリック

エックスサーバーのサイトにアクセスして「お申し込みはこちら」から申し込みと支払いをおこなっていきます。

>> 「エックスサーバー」にアクセス

※クリックすると公式サイトに飛びます。

「初めてご利用のお客様」の方のボタンをクリックして新規申し込みをします。

「初めてご利用のお客様」の方のボタンをクリック

サーバーIDはあまり関係ないので、適当な文字列を入力しておいてOKです。

お申し込みフォームの「x10プラン」を選択して、個人情報を入力していきましょう。

サーバー契約までの流れ

①お客様情報の入力
②入力内容の確認
③お申し込み完了

上記の順番で手続きを進めてください。

①お客様情報の入力

②入力内容の確認は、内容がOKであれば、③に進んでOKです。

③お申し込み完了
申し込み受付メール

申し込みが完了すると上のようなメールが届きます。

STEP3:サーバーの支払い

ここで忘れてはいけないのは「料金を支払っておくこと」です。

仮申込の状態なので、すぐに初期費用+月額費用の支払いを済ませておきましょう。

全てのセットアップが終わったあとに、料金支払いを忘れていたら、全てが水の泡になります。

料金支払いは、エックスサーバー の「インフォパネル」から行います。「サーバーパネル」ではないので注意してください。

「インフォパネル」ログイン画面

>> 「インフォパネル」にアクセス

※クリックすると公式サイトに飛びます。

ユーザーアカウント情報

上のようにメールに届いている「インフォパネル」のログイン情報をもとに、ログインを行います。

「インフォパネル」TOPページ
「インフォパネル」TOPページ

ログインができたら、左側の「決済関連」→「料金のお支払い」をクリックしましょう。

「決済関連」→「料金のお支払い」

契約しているサーバーにチェックを入れて「更新期間」(3ヶ月でOK!)を選んで、「お支払い方法を選択」をクリックします。

チェックを入れて、「3ヶ月」を選び、支払い方法を選択

あとは、クレジットカードを選択して支払いを完了させると、サーバーの支払いは終了です。

支払い完了

手順③:ドメインをサーバーに接続する

ドメインを取得して、サーバーを契約できましたね!おめでとうございます!

このあとは手順③に進みます。

手順③はドメインとサーバーを接続する作業です。

ちょっと難しく見えるかもしれませんが、記事に沿って進めていけば問題ありませんよ。

「お名前.com」でサーバー設定

まずは、「お名前.com」の方でサーバーの設定をおこないます。

「お名前.com」にログインをしてください。

「お名前.com」ログイン画面

>> 「お名前.com」にアクセス

※クリックするとログイン画面に飛びます。

ログインが完了したら、下の方にある「ご利用状況」→「ドメイン一覧」をクリックしてみてください。

「ドメイン一覧」をクリックすると、下記のような画面になるはずです。

「お名前.com」TOPページ
「ご利用状況」→「ドメイン一覧」

取得したドメイン名が表示されると思うので、「ネームサーバ」→「> 初期設定」をクリックします。

「ネームサーバ」→「初期設定」

1. ドメインの選択は、何もいじる必要はありません。
2. ネームサーバーの選択で「その他」をクリックしてください。

「2. ネームサーバーの選択」「その他」をクリック

「その他のネームサーバーを使う」をクリックしてください。

「その他」をクリックしたときの画面

すると、「ネームサーバー1」「ネームサーバー2」などを入力する部分が表示されます。「+」をクリックして、「ネームサーバー5」まで入力欄を増やしてください。

「ネームサーバー5」まで入力欄を増やす。

ここで焦る方もいらっしゃると思いますが、安心してください。

下記の内容をそのままコピペして貼り付けます。(:は含みません。ns~.jpの文字列だけをコピペしてください。)

ポイント

ネームサーバー1(必須):ns1.xserver.jp
ネームサーバー2(必須):ns2.xserver.jp
ネームサーバー3:ns3.xserver.jp
ネームサーバー4:ns4.xserver.jp
ネームサーバー5:ns5.xserver.jp

必須と書いてある部分以外も含めて、5つ全て記入してください。

ネームサーバー1〜5を全て入力

入力が完了したら、右下の「確認」をクリックします。

そうすると、入力内容を確認する画面になりますので、入力ミスがないか確認して「OK」をクリックします。

入力内容を確認して「OK」をクリック

「完了しました」が出たらOKです。

「完了しました。」が出たらOK

※ネームサーバーの設定には最大72時間ほどかかる場合がありますが、通常1日ほどで完了します。

「 エックスサーバー」でドメイン設定

「お名前.com」でサーバー設定が完了したら、次は「エックスサーバー」でドメイン設定をしていきます。

まずは、「サーバーパネル」にログインしてください。
(サーバー料金のお支払いは「インフォパネル」だったので、混同しないように気をつけてください!)

「サーバーパネル」ログイン画面

>> 「サーバーパネル」にアクセス

※クリックするとログイン画面に飛びます。

「サーバーパネル」へのログインには、「サーバーアカウント設定完了のお知らせのメール」にある「▼サーバーアカウント情報」から情報をコピペします。

「サーバーID」「サーバーパスワード」をコピペして貼りつけるとログインできますよ。

「サーバーパネル」にログインが完了したら、「ドメイン」→「ドメイン設定」をクリックします。

「サーバーパネル」TOPページ

「ドメイン設定」→「ドメイン設定追加」(右タブ)をクリック。

「ドメイン設定」→「ドメイン設定追加」(右タブ)

そうすると、「ドメイン名」を入力するボックスが出てくるので、
お名前.comで取得した「ドメイン名」を入力して、「確認画面へ進む」をクリックしてください。

※「無料独自SSLを利用する(推奨)」にはチェックを入れてください。
※「高速化・アクセス数拡張機能「Xアクセラレータ」を有効にする(推奨)」にもチェックを入れてください。

内容を確認して、「追加する」をクリックします。

「追加する」をクリック

※ドメイン設定は最大で24時間かかる場合がありますが、通常は数時間で完了します。

手順④:WordPressをインストールする

ドメインとサーバーの接続設定が完了したら、いよいよWordPressをインストールします。

ワードプレスのインストールはとても簡単なので、すぐにできてしまいますよ!

では、さっそく手順をご紹介していきます。

まずは、「サーバーパネル」にログインして、TOPページ下部の「WordPress」→「WordPress簡単インストール」をクリックしてください。

「WordPress」→「WordPress簡単インストール」をクリック

続いて、「WordPress簡単インストール」→「WordPressインストール」のタブをクリックすると、WordPressのインストールに必要な情報入力の画面になります。

「WordPress簡単インストール」→「WordPressインストール」

入力事項

  • サイトURL:そのまま空欄でOKです。
  • ブログ名:お好きなブログ名をご記入ください。
    (後から簡単に変更可能。)
  • ユーザー名:ログイン時に使用するユーザー名です。
    (メモに残しておきましょう。)
  • パスワード:ログイン時に使用するパスワードです。
    (メモに残しておきましょう。)
  • メールアドレス:ご自身のメールアドレスをご入力ください。
  • キャッシュ自動削除:「ONにする」を選択してください。
  • データベース:「自動でデータベースを生成する」を選択してください。

全ての入力が完了したら、「確認画面へ進む」をクリックします。

最後に「以下の内容でWordPressをインストールしますか?」と聞かれますので、内容確認して「インストールする」をクリックしてください。

「インストールする」をクリック

※「インストールを行うと、インストール先ディレクトリ内の「index.html」が削除されます。ご注意ください。」と表示されますが気にせずOKです。

※「MySQLデータベース名・ユーザー名・パスワード」が自動生成されていますが、気にせずOKです。ブログデータを保存しておく保管先情報です。

インストールが完了すると、「管理画面URL」「ログイン情報(ユーザー名・パスワード)」が発行されます。

「インストール完了」画面

これから、何度もログイン画面にアクセスすることになると思うので、
「管理画面URL」ブックマークしておきましょう。

「ログイン情報(ユーザー名・パスワード)」は大切な情報なので、必ずどこかにメモしておきましょう。

これでWordPressのインストールは完了です。

ワードプレスデビューおめでとうございます!

「管理画面URL」が分からなくなった場合

「ドメイン名」の後ろに「/wp-admin」をつけてアクセスすると「管理画面URL」に接続できますよ。

「無効なURLです。プログラム設定の反映待ちである可能性があります。しばらく置いて再度アクセスをお試しください。」と表示される場合

①時間をおくか②ブラウザのキャッシュを削除することで解消できますよ。

ワードプレスのログイン方法

ワードプレスのインストールが完了したら、さっそくログインしていきましょう。

ログイン画面は「管理画面URL」からアクセスできます。

WordPressログイン画面

「管理画面URL」にアクセスすると上のように「ユーザーID」「パスワード」を要求されますので、ご自身で設定した情報を入力しましょう。

「ログイン状態を保存する」をチェックしておくと、次回からログイン状態を継続できますよ。

ログインが完了すると管理画面が表示されます。
WordPressブログの裏側はこのようになっています。

「家のマーク」→「ブログの公開ページ」

上部の家のマークをクリックすると、ブログの公開ページへとアクセスできます。

初期の公開ページ

最初は「Hello World!」と表示されているはずです。

手順⑤:WordPressの初期設定

WordPressにログインができたら、初期設定を行なっていきましょう。

WordPressの詳しい初期設定の方法は、【2019年版】WordPressの初期設定の方法【インストール後にすべきこと3つ】にて解説しています。

初期設定には次の5つがあります。順番にご紹介していきます。

WordPressの5つの初期設定

①パーマリンクの設定
②http→httpsの設定
③http→httpsのリダイレクト設定
④プラグインの設定
⑤デザインテーマの設定

①パーマリンクの設定

パーマリンクとは、ブログ記事のURLのことです。

例)http://tsuzukiblog.com/test

パーマリンクの設定とは、上の例でいえば「/test」の部分の設定をしていくことになります。

パーマリンクを設定する理由としては、パーマリンク設定をシンプルにすると、
SEO的に評価がされやすくユーザーにとっても分かりやすくなるからです。

よく、URLの長いブログなどがありますが、SEO的な観点から見て評価されにくいので、
最初のうちにパーマリンク設定をしっかりしておきましょう。

まず、「管理画面」にアクセスして「設定」→「パーマリンク設定」をクリックしてください。

「設定」→「パーマリンク設定」

次に、「共通設定」→「カスタム構造」を選択して、 /%postname%/ と記入してください。

/%postname%/ を入力する
パーマリンク設定の完了

こうすると、ブログ記事の投稿画面から、URLを自由に設定できるようになります。

これでパーマリンク設定は完了です。

②http→httpsの設定

続いて、「http→https」の設定をご紹介します。

※SSL化していない場合は設定しないください。

SSLについては、「 エックスサーバー」でドメイン設定の最下部で触れています。

まず、「管理画面」にアクセスして「設定」→「一般」をクリックしてください。

「設定」→「一般」をクリック

WordPressアドレス(URL)とサイトアドレス(URL)の「http」に、「s」を加えて「変更を保存」をクリックします。

http→https へと変更する

一旦、ログイン画面に戻りますが、ログイン画面のURLを確認すると「https」となっているはずです。

「ユーザー名」「パスワード」を入力してログインします。

③http→httpsのリダイレクト設定

「https」化が完了したら、「http」→「https」へのリダイレクト設定を行います。

「http」→「https」へのリダイレクト設定とは、「http://」にアクセスしたら「https://」にリダイレクト(飛ばす)する設定です。

②で「https」化しているので、「http://」にアクセスしたら「https://」に飛んでもらわないと困ります。そこでリダイレクト設定をします。

手順として「エックスサーバー」の「サーバーパネル」にログインして、「.htaccess」というファイルを編集するだけです。

まずは、「エックスサーバー」の「サーバーパネル」にアクセスします。

「サーバーパネル」ログイン画面

>> 「サーバーパネル」にアクセス

※クリックするとログイン画面に飛びます。

ログインが完了したら、「ホームページ」→「.htaccess編集」をクリックして、ご自身のドメイン名を選択します。

「.htaccess編集」→「.htaccess編集」(右タブ)をクリックすると、
見慣れない文字列が出てくると思います。

「.htaccess編集」→「.htaccess編集」(右タブ)をクリック

ここで、変更をする前に、必ずこの文字列をコピペしてメモ帳などに保存しておきましょう。

文字列をコピペしてメモ帳などに保存しておきましょう

もしも、設定を誤った場合、ブログにアクセスできなくなる恐れがあるので、
その時は、メモ帳にコピペした文字列を使って復活させられます。

では、コピペが完了したら、
文字列の一番上の部分に以下の文字列を追記してください。

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R,L]
</IfModule>

追記すると、こんな感じになるはずです。

文字列を追加して「確認へ進む」をクリック

追記したら「確認画面へ進む」をクリックして、「実行する」をクリックします。

「実行する」をクリック

これでリダイレクト設定が完了です。

④プラグインの設定

プラグインとは、WordPress Codex日本語版(公式オンラインマニュアル)によると、以下のように定義されています。

初期インストールの WordPress の機能を拡張したり、新たな機能を追加するものです。WordPress には素晴らしいプラグインがたくさんあり、以下の画面で手軽にインストールと管理を行なえます。

WordPress Codex日本語版(公式オンラインマニュアル)

簡単に言えば、ワードプレスをもっと便利にしたり、もっと使いやすくするための外部アプリみたいなものです。

例えば、SEO対策を自動でしてくれるプラグインや、セキュリティを強化してくれるプラグインなどが存在しています。

どのプラグインをインストールすべきかは、「WordPressのおすすめプラグインは8つだけ。断言します」を参考にするといいですよ。

⑤デザインテーマの設定

WordPressでは、ブログのデザインのテーマ(テンプレート)をインストールすることで、簡単にデザイン変更をすることができます。

デザインテーマは有料のものと無料のものがあるのですが、
ブログで稼ぎたいと考えている方は、有料テーマを購入した方がいいですよ。

有料テーマでは、美しいデザインになるだけでなくSEO対策も効いており、
記事内でアフィリエイトリンク(ブログの収益源)を貼ったりする際も便利だったりします。

例えば、当ブログではAffinger(アフィンガー )という有料テーマ(税込14,800円)を使用しています。

ブログ初心者におすすめのデザインテーマは以下の3つです。

おすすめの有料テーマ

  1. 賢威(ケンイ)
  2. SANGO(サンゴ)
  3. STORK(ストーク)
  4. SWALLOW(スワロー)
  5. Affinger(アフィンガー )

2019年現在、WordPressテーマはどれもSEO対策がしっかりとされており、
使い勝手が悪いものもあまりありません。

ぶっちゃけ、自分の好みのデザインテーマを購入するのがいいと思っています。

無料版でおすすめなのは、COCOON(コクーン)です。

有料テーマについては、【失敗しない】ワードプレス(WordPress)ブログ用のおすすめテーマ5選にて詳しく解説しています。

よくあるQ&A【疑問を全て解消します】

WordPressでブログを始めるにあたってよくある質問に、一問一答でサクッとお答えしていきます。

無料でWordPressブログを作れないの?

無料では作れません。。。

無料でブログを始めたい方は、はてなブログで試してみるのがいいかと思います。

SSL化は絶対に必要なの?

SSL化はセキュリティの強化なので絶対必要ではありません。ただし、本記事ではSSL化されることをおすすめします。

SSLについては、「 エックスサーバー」でドメイン設定の最下部で触れています。

手順③のサーバー設定がうまくできない

サーバー設定がうまくいかない原因としては、コピペするときに不必要なものまでコピーしていることが考えられます。

コピペ元を確認して再チャレンジしてみてください。

アフィリエイトってどうやるの?

せっかくワードプレスでブログを開設したからには、アフィリエイトで収益化させたいと思う方も多いと思います。

ブログアフィリエイトで稼ぐ方法は【2019年版】アフィリエイトの仕組みを完全解説する【トレンド情報あり】【初心者向け】アフィリエイトのやり方を解説【月3万円は稼げます】にて解説していますので、じっくり読み込んでみてください。

1本目を読んでから2本目を読むと、スッと理解できるはずです。

Googleアドセンスはどう導入するの?

基本的なGoogleアドセンスの設置場所については、


Googleアドセンス設置場所

①サイドバーTOP
②記事内の見出し上
③記事末に3箇所
④タイトル下
がおすすめです。

ちなみに、Googleアドセンスの導入方法は以下の記事で紹介されています。

>> 2019年グーグルアドセンス審査に通るコツと落ちた時の対処法10

まずは1記事を書いて投稿してみよう

今回はWordPressブログの始め方についてご紹介してきました。

ブログ開設が完了したら、さっそく1記事書いてみましょう!

今回は以上です。

-BLOG, blog
-

Copyright© Tsuzuki Blog , 2019 All Rights Reserved.