Affiliate BLOG

アフィリエイトで記事が書けない理由【テンプレで解決】

2019年7月21日

【本質】アフィリエイトで記事が書けない理由【解決方法も解説】
https://www.tsuzukiblog.org/wp-content/uploads/2019/01/111.001-e1548269720387.jpeg
記事が書けない人

アフィリエイトを始めたけど全然記事が書けない。どうすればスラスラ書けるようになるか知りたい。

こんな悩みを解決します。

本記事では、前半で記事が書けない理由を明らかにして後半でスラスラと書けるようになる方法をご紹介しています。

https://www.tsuzukiblog.org/wp-content/uploads/2019/03/c45d0f51d1fa6062e4eaae8a239de480.png
Tsuzuki

実際に、僕はほぼ毎日記事を書いており、現在は200記事ほど書きました。

毎日記事を書くことで、2019年4月から6月で収益が4倍アップしアクセスも2倍に伸びました。

今回は、アフィリエイトで記事が書けない理由と、その解決法をわかりやすく解説します。

アフィリエイトで記事が書けない理由

アフィリエイトで記事が書けない理由
アフィリエイトで記事が書けない理由

あなたがアフィリエイトで記事を書けない理由はシンプルで、それはアフィリエイトの優先順位が低いからです。

優先度が下がるとアフィリエイトのために時間を使えず、記事を書くために必要なインプット時間やライティング時間を十分に確保できません。

例えば、アフィリエイト記事を書くには、1本3〜4時間はかかります。僕は、最初の20本は8時間ほどかかりました。

インプットとライティングの時間を確保できなければ、良質な書き上げることはできません。

まずは、毎日の中でアフィリエイトに割く時間をスケジュールしましょう。

アフィリエイトで記事を書く前にやっておくべきこと

アフィリエイトで記事を書く前にやっておくべきこと
アフィリエイトで記事を書く前にやっておくべきこと

いきなり記事を書こうと思っても、どんなテーマで何の記事を書こうか浮かばないことがありますよね。

そこで、アフィリエイト記事を書く前にやっておくべきことをご紹介します。

僕はこの方法を実践しはじめてから、ほぼ毎日更新を続けられています。

記事を書く前にやっておくべきこと

①アフィリエイトのカテゴリー設定
②想定読者を具体的にイメージ
③記事の目的・内容を整理する

①アフィリエイトのカテゴリー設定

まずはじめに、アフィリエイトのカテゴリーを設定しておきましょう。

なぜなら、カテゴリーを決めておくことで、記事のテーマを決める軸ができるからです。

得意な領域でカテゴリーを決める

例えば、Amazonのおすすめ商品レビュー、プログラミングの学び方、メンズ美容など、あなたが得意で、誰かのためになるカテゴリーを設定するのがおすすめです。

カテゴリーは複数あってOKです。ただし、10カテゴリーもあると分散してしまうので、3~5カテゴリーくらいにおさえましょう。

https://www.tsuzukiblog.org/wp-content/uploads/2019/03/c45d0f51d1fa6062e4eaae8a239de480.png
Tsuzuki

例えば、当ブログのカテゴリーは「海外インターン・映画・ブログアフィリエイト」の3つです。

1つ目にやっておくことは、アフィリエイトのカテゴリー設定です。

②想定読者(ペルソナ)を具体的にイメージ

カテゴリーが決まったら、記事の想定読者(ペルソナ)を具体的にイメージしていきます。

想定読者を設定することで、ターゲットの悩みや知りたいことが明確になり、どんな記事を書けばいいのか考える道しるべとなります。

例えば、本記事の想定読者はこんな感じで設定していますよ。

本記事の想定読者(ペルソナ)

[box class="box18"]20〜30代男性。サラリーマンしつつ副業でアフィリエイトに挑戦中。ブログを立ち上げて10記事前後は書いてみたものの、記事ネタが尽きて手が止まってしまっている。アフィリエイト記事が書けるようになるにはどうすればいいか知りたい。アフィリエイトにかけられる時間は早朝と勤務後の合計4時間ほどが限界。[/box]

どうですか? このくらいイメージできていると読者の顔が浮かぶので具体的な悩みを考えやすくなりますよね。

アフィリエイトは読者の悩みに対する解決策として商品やサービスを提示するのが基本です。

つまり、読み手が抱えている悩みをリアルに想像できるほど解決しやすいのです。

よく、「過去の自分が抱えていた悩みを解決するといい」と聞きますが、想定読者(過去の自分)が感じるリアルな悩みを想像しやすいので、おすすめです。

人は、自分の悩みは特別だと思いがちですが、そんなことはありません。

https://www.tsuzukiblog.org/wp-content/uploads/2019/03/c45d0f51d1fa6062e4eaae8a239de480.png
Tsuzuki

自分と同じ悩みを抱えている人は、意外といるものですよ。

2つ目にやっておくことは、想定読者を具体的にイメージすることです。

③記事の目的・内容を整理する

カテゴリー設定と想定読者のイメージができたら、記事の目的と内容を整理しましょう。

1キーワードに対して1記事を書く

1つのキーワードに対して、1つの記事を書くのが原則です。1つのキーワード=1つの悩みと考えるとわかりやすいかもしれません。

例えば、本記事の目的は「アフィリエイトで記事を書けない悩みを解決する」ことを目的にしています。

内容は以下のように細分化されています。

例)本記事の構成

  1. アフィリエイトで記事が書けない理由
  2. アフィリエイトで記事を書く前にやっておくべきこと
  3. アフィリエイトでスイスイと記事を書く方法

まず、記事を書けない理由をはっきりさせて、書く前にやっておくことを紹介しつつ、具体的にライティングする方法を解説しています。

https://www.tsuzukiblog.org/wp-content/uploads/2019/03/c45d0f51d1fa6062e4eaae8a239de480.png
Tsuzuki

1つのキーワードで複数の記事を書いてしまうと、Googleがインデックスする際に困ってしまいます。

3つ目にやっておくことは、記事の目的・内容を整理することです。

アフィリエイトでスイスイと記事を書く方法

アフィリエイトでスイスイと記事を書く方法
アフィリエイトでスイスイと記事を書く方法

いよいよ、具体的に記事をスイスイ書く方法をご紹介します。

アフィリエイト記事を書くには、テンプレートを使用するのがおすすめです。

具体的には、以下の流れで書いていきます。

アフィリエイト記事テンプレート

[box class="box18"]
①想定読者の悩みを見える化
②悩みの解決方法を提示
③解決方法の根拠を説明
④マネタイズ方法を組み込む

[/box]

本記事も、上記の構造に沿ってライティングしています。

①→③のイメージはしやすいと思うのですが、アフィリエイトで肝心なのは④のマネタイズです。

記事ごとのマネタイズ方法のちがい

  • 商品レビュー:買ってほしいおすすめ商品の購入
  • サービス紹介:体験してほしいサービスの申込

上記のように、記事の内容によって、マネタイズをする方法は変わってきます。

プログラミングスクールの申込へと繋げたり、ウォーターサーバーへの購入へ繋げたり、自由自在です。

本記事では、最後におすすめ本を紹介して、終わることにしてみます。

https://www.tsuzukiblog.org/wp-content/uploads/2019/03/c45d0f51d1fa6062e4eaae8a239de480.png
Tsuzuki

例えば、こんな感じでライティングに関する本を紹介して、物販へと繋げます。

アフィリエイト記事を書くのに役立つ本

ライティングの型を学ぶために、ぜひ読んでおきたい本を2冊ご紹介します。

1冊目は『沈黙のWebライティング』です。

WEBライティング全般について幅広く学ぶことができます。

2冊目は『新しい文章力の教室』です。

文章をバラバラに分解して、プロのように組み立てて書くノウハウを得られます。

他にも、いろんなおすすめ本があるのですが、本記事では上記の2冊をおすすめします。

まとめ

今回はアフィリエイトで記事が書けない理由を明らかにして、どうすればアフィリエイト記事をスラスラ書けるようになるのか解決法をご紹介しました。

アフィリエイト記事は書けば書くほどネタを思いつくスキルが上がったり、想定読者のイメージがリアルになったりします。

記事が書けなくて悩んでいるあなたもまずはカテゴリー設定をして、想定読者を考えつつ記事を書いてみましょう。

100記事ほど書くと書き方が身についてきますよ。

今回は以上です。

▼ あわせて読みたい
ブログ初心者が100記事書くといくら稼げるの?【収益・PV公開】

-Affiliate, BLOG
-,

Copyright© Tsuzuki Blog , 2019 All Rights Reserved.