BLOG

ブログが疲れた時は休んでもOKです【対処法3つ】

悩んでいる人

ブログを書くのに疲れてきた。自分ってダメなのかな。。。継続するのが大事っていうのは分かるけど、ブログが疲れたときはどうすればいいの?

こんなお悩みを解決します。

本記事の内容

・ブログ疲れをしてるなら休んでOKです
・ブログ疲れしたときにやるべきこと3つ
・ブログを継続するには熱意が必要です

本記事の信頼性

Tsuzuki(@1276tsuzuki

この記事を書いている僕は、ブログ歴1年10ヶ月ほどです。
副業ブログのおかげでブロガーとして独立することができ、現在は当ブログで月300万円ほどを稼ぎながら暮らしています。

今回は、ブログで疲れたときにやるべきことをテーマにお話ししていきます。

僕自身、今までに合計300本以上の記事を書いてきましたが、そんな僕でも、記事を書くのは今でも疲れます。笑

実際、1回ブログに挫折して更新を休んだ経験もある僕が、ブログ疲れをしたときの対処法や、お休み中にやるべきことを3つご紹介していきます。

3分くらいで読めるので、肩の力を抜いてのんびり読んでみてください。

Tsuzuki

ブログを書くのに疲れたら、一旦休んでもOKです

ブログ疲れをしたら、まずは休みましょう。

とはいえ、不安な方が多いと思うので、「僕がブログ疲れで更新をお休みしたときの体験談」をご紹介しますね。

【体験談】ブログ更新を1ヶ月休んだら回復した話

1ヶ月ブログを休んだ結果、回復しました。

下記のツイートのとおりです。

しばらくブログ更新をストップしていましたが、来週から再開していきます。 Tsuzuki Blogは「楽しく知って賢く使える」というコンセプトで、僕が興味のあることについて、楽しく解説していくブログになります。 ブログ内で新キャラクターを登場させたり、記事内画像もオリジナル増やしていきます。

当時の僕の状況を説明すると、「1本8時間かけて書いてるのに、全然アクセスされないのはどうしてなんだろう。自分の記事に価値がないんだろうか。。。」などと思い悩み、心が折れた感じです。

ブログ更新を休んでいる間は、趣味の読書や映画を楽しんだり、筋トレしてみたり、本業に力を注いだりしていましたね。

1ヶ月後、「そろそろブログ書きたいな」となり、復活です。

ブログ更新に疲れたときは、他のことをして忘れよう

無理に続けようとしても、やりたくないことは続きません。

頭の中からブログのことが無くなるくらい、趣味や仕事、友人との遊びなどに没頭しましょう。

上記のツイートのとおりですね。

数週間〜1ヶ月くらい経って、「そろそろブログを再開してみようかな」と思えたら回復している証拠だと思います。

もちろん、「もうブログは書きたくないかも、やめよう」という選択肢もあります。その場合は、一旦ブログをやめてまた戻ってきても全然OKです。

ブログ疲れしたときにやるべきこと3つ【切り替え】

ブログに疲れたときにやるべきことを、3つほどご紹介します。

ブログ疲れしたときやること

その①:体を動かしてみる
その②:映画を見たり本を読んでみる
その③:スキルの棚卸しと強化をしてみる

1つずつ解説しますね。

その①:体を動かしてみる

ブログを毎日書いていると、身体がなまります。

そんなときは、筋トレをするのがおすすめですね。

おすすめ筋トレ動画No.1:のがちゃんねる(腹筋/脚)

フィットネス系の動画が人気の「のがちゃんねる」は、ちょうどいい負荷のトレーニングが多いので、継続しやすいです。

腹筋・脚トレは上記の動画を見ながらやると、結構いい感じで効きます。

Tsuzuki

おすすめ筋トレ動画No.2:メトロンブログ(胸筋)

サムネがゴツいですね。笑

胸筋まわりは、こちらの動画のトレーニングが効きます。

僕はブログを始めてから肩こりがヒドくなったのですが、腕立てを始めてから肩こりがキレイさっぱり解消されました。まじでおすすめですよ。

Tsuzuki

その②:映画を見たり本を読んでみる

映画と本から学んだことは、ブログでも活かせます。

ブログを休んでいる間に見てほしい、僕のおすすめ映画は下記です。

おすすめ映画3本

  1. 『グリーンブック』(2018年)
  2. 『マイ・インターン』(2015年)
  3. 『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』(1997年)

生きる意味を考えるきっかけになったり、日常に対して前向きになれる映画です。

特に、20代の方には3本とも全部見てほしいなと思います。

1本目と2本目は「Netflix」、3本目は「U-NEXT」を使えば無料で見れますよ。

Tsuzuki

また、おすすめ本7冊はこちらですね。

おすすめ本7冊

  1. 『人間の建設』
  2. 『日本の思想』
  3. 『私の個人主義』
  4. 『後世への最大遺物』
  5. 『君たちはどう生きるか』
  6. 『愛するということ 新訳版』
  7. 『フロー体験 喜びの現象学』

大学生向けに書いた記事なのですが、古典的な本がメインなので、大人でも十分に味わえる本ですよ。

なお、おすすめの本の詳細については、大学生におすすめの本を厳選7冊で紹介にてご紹介しているので、チェックしてみてください。

その③:スキルの棚卸しと強化をしてみる

身につけたいスキルを、ピックアップしましょう。

例えば、下記のようなスキルを学ぶと、そのままブログ記事にもなりますよ。

・外国語
・プログラミング
・WEBライティング

3つともアフィリエイト案件があるので、セルフバック(自己アフィリエイト)で講座を受けてもいいですね。

アフィリエイトASPのおすすめ12社にて定番ASPをご紹介しているので、登録してみて案件を探すといいかもしれません。

上記のスキルを学ぶにあたって、「どんな風にスキル取得するのか?」「いくらくらい、どのくらいの期間がかかるのか?」をメモっておきましょう。

学習過程をメモに残しておくことで、ブログを再開したときにネタになります。

Tsuzuki

ブログを長続きさせるには「熱意」が必要です

ブログを継続するための秘訣は、ブログに熱意を持って取り組むことです。

最後に、「熱意を持ってブログを書くための極意」と、「注意点」を紹介して終わりますね。

ブログとは「誰かの悩みを解決するツール

あなたのブログは、誰かの悩みを解決する作品です。

きっと、ブログ疲れに悩んでいるあなたは、この記事を読んで「ブログ疲れしているなら、休んでもOKなんだ。映画とか本を読んでみて、またやる気が湧いたらブログ書こうかな!」と思っているのではないでしょうか?

記事を読む前より、少しは未来が明るくなっていませんか?

Tsuzuki

こんな感じで、誰かの悩みや不安を少しでも解決できたら、それだけでブログの存在意義がありますよね。

どんなに小さいことでもOKですので、「自分は読者の悩みを解決できているんだ」と自信を持ちましょう。

それが、ブログを書く熱意を生み出してくれます。

ブログ疲れをしているからといって、手抜きはNG

ブログで手を抜くのは、やめましょう。

手を抜いた記事を書くなら、一旦休んだ方がいいと思います。理由としては、その1本があなたのブログの価値を決めることになるからですね。

例えば、あなたの記事を初めて読む人に、「うーん、なんかこの記事ちょっと手抜きじゃない?」と思われたら、もう読まれないかもしれませんよね。

ブログで伸び悩むと辛いので、手抜きすることで原因を作らない方が賢明です。

しかし、コツコツ続けていると、あるタイミングでグイッと伸びたりするので、そこまでがんばりましょう。

例えば、僕は伸び悩んだ期間がありましたが、1本1本全力で書いたことで、7〜8ヶ月目くらいから徐々に伸びることができました。

初心者でも玄人でも、ブログ1本に入魂して書きましょう。

趣味やスキル習得に真剣に取り組むのが大事

ブログは、コンテンツを伝えるメディアです。

あなたが経験やスキルを積み上げるほど、読者に伝える情報の質が上がります。

そのため、ブログ以外の趣味・スキル取得・仕事に力をいれるほどいいブログができあがるはずです。

例えば、デザイナーならデザインスキルを磨き、会社員なら仕事で成果を出す工夫をすることで、読者に伝えられるコンテンツを増やしていきましょう。

ブログ以外のことに真剣に取り組むことで、結果として、いいブログが書けるようになるはずです。

ちなみに、「コンテンツは沢山あるけど、ライティングは苦手なんです...。」という人は、売上UPするブログアフィリエイト記事の書き方を解説をご覧ください。

まとめ:ブログ疲れをしたら休んで回復しよう!

本記事を要約します。

  1. ブログ更新に疲れたら、休んでも大丈夫。
  2. ブログ疲れをしているときは、
    ①体を動かしてみる
    ②本や映画を楽しむ
    ③スキルを強化する
    ことに力を入れてみよう。
  3. ブログ疲れしているからといって、力を抜いて記事を書くのはNG。
  4. ブログ以外のことに真剣に取り組んで、提供できるコンテンツを増やそう。

こんな感じですね。

僕自身、1ヶ月くらい休んだらブログ更新を再開できました。

「この休息を使って、何かコンテンツになることでもやってみようかな」くらいのスタンスでいるのがおすすめです。

いま、ブログ疲れしているあなたも、休息をとってまたリスタートしましょう!

今回は以上です。

-BLOG

Copyright© Tsuzuki Blog , 2020 All Rights Reserved.