BLOG SEO

ロングテールキーワードの選び方を解説【SEO効果あり】

2019年8月4日

ロングテールキーワードの基礎知識
悩んでいる人

ロングテールキーワードってなに?SEOに効果があるって聞いたけど、実際はどうなんだろう、、、ロングテールキーワードの選び方や、記事の書き方についても知りたい。

こんな疑問を解決します。

本記事を読み終えると、ロングテール知識ゼロの状態から、ロングテールキーワードで収益UPさせる方法が身についた状態になります。

先日、こんなツイートをしました。

ブログ始めたての頃はビッグワードを狙うより、
ロングテールで上位表示を狙うのがオススメ。
「映画 おすすめ」

「映画 おすすめ 邦画」
「映画 おすすめ 恋愛」
「映画 おすすめ アクション」
上記のように3単語のワードで上位を取ったあと、
2単語の記事へ内部リンクさせておくとよいです

実際に、僕もロングテールSEOを実践したおかげで、
ブログ8ヶ月で収益31万円を達成することができました。

Tsuzuki

今回は、上記のツイートを深掘りしつつ、ロングテールキーワードであなたのブログ収益をUPさせる方法について、わかりやすく解説していきます。

ロングテールキーワードの基礎知識

ロングテールキーワードの基礎知識
ロングテールキーワードの基礎知識

収益UPの方法を知る前に、そもそもロングテールキーワードとは何か?という基本的な情報についてご紹介していきます。

ロングテールキーワードの基礎知識

①:ロングテールキーワードとは?
②:ロングテールSEOとは?
③:ロングテールキーワードのメリット

①:ロングテールキーワードとは?

ロングテールキーワードとは、検索数の少ない複合キーワード(例:〇〇 〇〇 〇〇)のことを指します。

例えば、大手ECサイトを運営するAmazonは、ロングテール戦略で大きな成長をとげたと言われています。

当時、人気の少ない商品を買う方法がなかったのですが、Amazonは人気のない商品もECサイトを通して販売することで、ニッチな需要に応えました。

人気商品(赤)とロングテール商品(水色)

上記のような感じで、人気ではないけどコアなファンがついている商品は、販売経路さえあれば確実に売れていきます。

ロングテールキーワードも同じように、ニッチなキーワードを狙って記事を書くときに使うキーワードです。

②:ロングテールSEOとは?

ロングテールキーワードを狙う

ロングテールSEOとは、上記のようなニッチなキーワードを狙うことで、検索流入を増やすSEOの手法です。

例えば、「SEO」のようなビッグワードは競合が強いですが、「SEO おすすめ 本」のようなロングテールキーワードであれば、上位表示を狙うことも可能です。

ロングテールキーワードは検索ボリュームが少ないため、記事を量産することでビッグワードに対抗する必要があります。

ロングテールキーワードの選定方法については、後ほど解説していきます。

③:ロングテールキーワードのメリット

ロングテールキーワードを利用するメリットは、ロングテール記事を積み重ねてビッグワードで上位表示させられることです。

もう少しかみ砕いて解説すると、以下のようになります。

ロングテールキーワードのメリット

コアなニーズに応えて収益UPできる
個人サイトでも企業サイトに勝てる
積みあがればビッグワードも狙える

ロングテールキーワードをがんばると、検索されたニッチなニーズを満足させて収益UPしつつ、積みあげることでビッグワードでも上位表示を狙えるようになります。

大きな資本で攻める企業サイトもカバーできていない、ロングテールキーワードを狙えば、個人サイトでも企業サイトに勝つことだってできます。

ロングテールキーワードで収益UPさせる方法

ロングテールキーワードで収益UPさせる方法
ロングテールキーワードで収益UPさせる方法

続いて、実際にロングテールキーワードで収益UPさせる方法について解説していきます。

①:ロングテールで収益UP
②:ロングテール→ビッグワード
③:ロングテール記事は3,000文字

①:ロングテールで収益UPする仕組み

ロングテールで収益UPする仕組みは、「サイトアクセス→広告クリック→コンバージョン」です。

「ふつうのSEOアフィリエイトと何も変わらないじゃないか」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、基本的にブログやアフィリエイトの収益構造は一緒です。

通常のSEOアフィリエイトとちがうポイントは、検索ボリュームが少ないため、記事を大量につくることでアクセス数を稼ぐ必要があることです。

例えば、検索ボリューム5,000のビッグワードで1位をとった時と、検索ボリューム500のロングテールキーワードで1位をとった時では、アクセス数に10倍の差がでます。

つまり、ロングテールで収益UPする方法は、ニッチな記事を大量につくるということになります。

②:ロングテールを積み上げてビッグワードをとる

「いまはロングテールキーワードを狙うけど、いつかはビッグワードでも上位表示させたい」

このように思われる方に朗報です。

ロングテールキーワードは、積み重ねていくとビッグワードでもSEO上位を狙うことが可能です。

例えば、冒頭のツイート内容にあった「映画 おすすめ」というビッグワードを狙うために、「映画 おすすめ 恋愛」「映画 おすすめ 邦画」「映画 おすすめ アクション」などのロングテールを1つずつ狙っていきます。

検索ボリューム数

「映画 おすすめ」60,500

  ↑ 内部リンク

「映画 おすすめ 恋愛」880
「映画 おすすめ 邦画」2,900
「映画 おすすめ アクション」210

上記のように、まずはロングテールキーワードで上位を狙います。

その後、ビッグワードの記事へと内部リンクを設置することで、ロングテール記事へのアクセスをビッグワード記事へとつなげる事ができます。

③:ロングテール記事に必要な文字数は「3,000文字」

ロングテール記事に必要な文字数は、3,000文字です。

理由としては、ロングテールキーワードとはいえ、最近のSEOはコンテンツが命です。検索意図を満たしつつ、ユーザーを100%満足させる記事を書くには、3,000文字ほどが必要です。

ぶっちゃけ、1記事1,000文字ほどでは、ロングテールといえども上位を狙うことは厳しいといえます。

文字数が正義ではありませんが、ロングテール記事でも最適なコンテンツを作り上げることを意識しましょう。

ロングテール=情報量が少ないという場合が多いので、コンテンツ内容が充実したロングテール記事を投下することで、上位を目指せるはずです。

ロングテールキーワードの選び方

ロングテールキーワードの選び方
ロングテールキーワードの選び方

最後に、ロングテール記事のキーワード選定の方法について、お話ししていきます。

①:ビッグワード+関連キーワード
②:検索ボリュームは気にせずOK
③:キーワード選定をしたら記事量産

①:ビッグワード+関連キーワード

ロングテール記事のキーワードの選び方は、「ビッグワード+関連キーワード」です。

関連キーワードとは、ビッグワードと一緒に検索されることの多いキーワードや、サジェストキーワードです。

例えば、Googleの検索窓に「映画 おすすめ」というビッグワードを入力すると、サジェストワードが表示されます。

「映画 おすすめ」 のサジェストワード

上記の「2018」「洋画」「邦画」などがサジェストワードです。ロングテール記事は、このようなサジェストワードを参考にしつつ、キーワード選定していきましょう。

②:検索ボリュームは気にせずOK

「ロングテールキーワードは検索ボリュームが少ないから、書いても意味がないんじゃないか?」

こんな風に思われる方も多いと思います。しかし、ロングテール記事を書くときは、基本的に検索ボリュームは気にしなくてもOKです。

検索ボリュームが少ない記事でも、思わぬキーワードで流入する事がよくあります。

例えば、僕が勤務している会社で、検索ボリューム590の記事で1位をとったとき、月間アクセス数が9,000pvになったことがありました。

ロングテールを狙ったにも関わらず、他のキーワードでも3位にくい込んでおり、流入が集まりました。

このように、検索ボリュームにとらわれずに、ニッチなキーワードを攻めていきましょう。

③:キーワード選定をしたら記事量産

狙いたいロングテール記事のキーワード選定が完了したら、あとはひたすらに、コンテンツ内容が充実した記事を量産していきましょう。

ロングテールSEOは陣取りゲームとも言われています。

キーワード選定をしてからコツコツと記事を積み上げていくことで、ビッグワードでも上位表示させられるようになるはずです。

まとめ

今回は、ロングテールキーワードで収益UPする方法をご紹介してきました。

当ブログも収益の8割はロングテール記事からきています。ロングテールSEOは地道な作業が多いですが、1本1本のコンテンツを充実させていきましょう。

今回は以上です。

▼ あわせて読みたい

【初心者向け】アフィリエイトのやり方を解説【月3万円は稼げます】

-BLOG, SEO
-, ,

Copyright© Tsuzuki Blog , 2019 All Rights Reserved.