WordPress ブログ

【WordPressブログ】お問い合わせフォームの作り方【無料】

悩んでいる人

WordPressでブログを始めたのですが、そろそろ、お問い合わせフォームを設置しようと思っています。お問い合わせフォームの作り方を教えて!

こんな疑問にお答えします。

本記事の内容

・お問い合わせを設置すべき理由
・お問い合わせフォームの作り方
・お問い合わせフォームの設置

本記事の信頼性

Tsuzuki(@1276tsuzuki

この記事を書いている僕は、ブログ歴2年半です。副業ブログのおかげでブロガーとして独立することができ、現在は当ブログで毎月100万円以上を稼いでいます。

今回は、お問い合わせフォームの作り方を解説します。

お問い合わせフォームとは、何か質問や連絡をしたいときに、サイト運営者に連絡する手段の1つです。

下記は当ブログ(Tsuzuki Blog)のお問い合わせフォームなのですが、毎月10件ほど、読者や企業からお問い合わせがきます。

>> お問い合わせフォーム

内容としては、ブログに関する質問、広告掲載の依頼などですね。

お問い合わせフォームは、無料でサクッと設置できるので、本記事を読みつつ実際に作ってみてください。

それでは、ご紹介していきます。

お問い合わせを設置すべき理由

すぐに作り方を教えてほしいという方は、読み飛ばしていただいてOKです。

連絡先として使えるから

お問い合わせフォームを設置すべき理由としては、サイト運営者への連絡先になるからですね。

いわゆる、Twitterにおける、DM機能みたいなものですね。

例えば、読者があなたのサイトを読んでいて、疑問に思ったことを連絡する際に使ったり、企業から広告掲載の案件がきたりします。

正直、サイト運営者に連絡ができないサイトは、信用性に欠けますよね。

そのため、お問い合わせフォームは設置しておきましょう。

お問い合わせの主な内容

当ブログは運営歴2年なのですが、お問い合わせは毎月10件ほどあります。

内容としては、

  • 読者からの質問
  • 広告掲載の依頼
  • メディアの取材依頼

上記のような連絡が届きます。

SEOで上位をとっている記事があると、ASPから広告掲載の依頼が届くこともあり、ブログ収入を狙っている方には嬉しいお問い合わせです。

※ASP:アフィリエイト・サービス・プロバイダーの略。広告主とメディア運営者をつなぐ、広告代理店的な存在。

プライバシー面も安心できる

お問い合わせフォームを設置することで、プライバシーを守ることもできます。

なぜなら、メールアドレスを載せなくてもよいからですね。

メールアドレスを公開してしまうと、スパムメールが届いたりするのですが、その点、フォーム設置だと安心できます。

今回ご紹介するお問い合わせフォームには、スパム防止の機能もついています。

お問い合わせフォームの作り方【Contact Form 7】

WordPressブログでお問い合わせフォームを設置するには、下記の2種類の方法が便利です。

お問い合わせフォームの作り方

・Contact Form 7を使う
・Google フォームを使う

今回は、設定が簡単な「Contact Form 7を使った方法」をご紹介します。

手順は3つです。

手順①:プラグインをインストール

まずは、「Contact Form 7」をインストールしていきます。

プラグインをインストールするときは、上記のリンクではなく、WordPressの管理画面から「プラグインを追加」を選択して、検索窓から「Contact Form 7」と検索してみましょう。

上記のように、「プラグイン」→「新規追加」をクリックして、「Contact Form 7」を検索すると、お目当てのプラグインが出てきます。

「Contact Form 7」が出てきたら、「今すぐインストール」をクリックしてください。

インストールが完了したら、「有効化」をクリックします。

上記のように、青く囲まれたボタンをクリックします。

手順②:お問い合わせフォーム作成

「Contact Form 7」を有効化したら、お問い合わせフォームを作成していきます。

管理画面の「お問い合わせ」にいき、「コンタクトフォーム1」をクリックしましょう。

そうすると、お問い合わせフォームの編集画面が出てきます。

フォーム設定

お問い合わせフォームに掲載すべき基本項目は、

  1. お名前
  2. メールアドレス
  3. 題名
  4. メッセージ本文

の4つです。

お問い合わせの件数を増やしたいのなら、できるだけ項目数は少なく、シンプルにしましょう。

理由としては、お問い合わせのハードルを下げるためですね。

そのため、本記事では元から設定してある項目のまま、お問い合わせフォームを作成していきます。

メール設定

続いて、メールの設定をしていきましょう。

メール設定で確認すべきことは、下記の4つです。

①送信先:
WordPressに登録してある、管理者メールアドレス宛に送るという意味です。
※「管理画面」→「設定」→「管理者メールアドレス」で変更可能

②送信元:
wordpress@サイト名のアドレスから、お問い合わせメールが送られてくるという意味です。

③題名:
サイト名 + お問い合わせに記載してある題名がメールの題名になります。

④追加ヘッダー:
CC:やBCC:で送りたいメールアドレスを追加できます。

⑤メッセージ本文:
お問い合わせメールの内容を設定できます。変更しなくてOKです。

基本的に、初期設定のままでも機能します。

メッセージ設定

続いて、メッセージ設定です。

最初から、上記のような文言が設定されています。

一番上の、メッセージが正常に送信された場合に表示される「ありがとうございます。メッセージは送信されました。」などは、文言変更しておいてもいいかもです。

お問い合わせフォーム送信後に、こんな感じで表示されます。

その他の設定

なお、その他の設定では、ログインしているユーザーだけがお問い合わせフォームを送ることができる「購読者限定モード」なども利用可能です。

詳しくは、Contact Form 7公式サイトの「その他の設定」をご覧ください。

スパム対策をする方法

Contact Form 7でスパム対策をするには、「私はロボットではありません」と表示させる「reCAPTCHA」の設定がおすすめです。

詳しくは、下記の記事で解説されているのでご覧ください。

>> 問い合わせスパムにうんざり。ContactForm7に「私はロボットではありません」と表示させる「reCAPTCHA」の設定方法

以上が、「Contact Form 7」の設定内容でした。

手順③:お問い合わせフォーム設置

続いて、お問い合わせフォームの設置方法をご紹介します。

※手順②で設定を変更した場合、「保存」をクリックするのをお忘れなく。

「コンタクトフォーム 1」の下にある、ショートコードをコピーして、お問い合わせ用のページへ貼り付けます。

上記の、青色の背景に白色の文字で書かれている部分ですね。

今回は、固定ページを作成して、お問い合わせフォームを設置していきいます。

固定ページに設置

管理画面」→「固定ページ」→「新規作成」で新しい固定ページを作成して、先ほどのショートコードを貼りつけましょう。

上記のような感じですね。

WordPressのエディターがグーテンベルクの場合は、「カスタムHTML」というブロックに貼りつけます。

プレビューで確認すると、しっかり反映できています。

お問い合わせフォーム完成

実際に、テスト送信をしてみましょう。

登録したメールアドレスにお問い合わせが届いていれば、成功です。

※届かない場合は、①メール受信設定で受信拒否していないか?②登録したメールアドレスはあっているか?(「管理画面」→「設定」→「一般」→「管理者メールアドレス」で変更可能)を確認しましょう。

実際に届いたテストメール

上記のようにメールが届きます。

お問い合わせフォームの設置

最後に、お問い合わせフォームをトップページ設置する方法をご紹介します。

お問い合わせフォームの設置

その①:グローバルナビゲーション
その②:サイドバー・フッターなど

せっかくお問い合わせページを作っても、アクセスしやすい場所に配置しないと、誰にも見られません。

1つずつ解説していきます。

その①:グローバルナビゲーション

いわゆる、ヘッダーの位置にあるメニューになります。

当ブログでも、上記の場所にお問い合わせページへのリンクを設置しています。

管理画面」→「外観」→「メニュー」をクリックして、グローバルナビゲーション(大抵はヘッダー)をクリックしましょう。

上記のような感じですね。

左側にある「メニュー項目を追加」→「固定ページ」→「お問い合わせ(作成したページ)」をチェックして、「メニューに追加」をクリックしましょう。

右側にメニューに表示される項目が並んでいるので、こちらにお問い合わせが追加されればOKです。

最後に、「メニューを保存」をクリックします。

ちなみに、メニューの位置を変更することで、サイドバーやフッターにも設置することができます。

その②:サイドバー・フッター

ダイレクトにお問い合わせフォームを設置する方法を、ご紹介します。

ウィジェットを活用して設置します。

上記のように、ウィジェットにアクセスしましょう。

左側から「テキスト」を選択して、サイドバーウィジェットに追加してください。

そこに、ショートコードを直接貼りつけます。

そうすると、下記のようにダイレクトにお問い合わせフォームが出現します。

上記のような感じですね。

フッターウィジェットに貼り付ければ、フッターに表示することもできます。

まとめ:お問い合わせフォームを作ってみよう!

今回は、お問い合わせフォームの作り方をご紹介しました。

WordPressブログを運営しているなら、お問い合わせフォームは設置しておくのがベターです。

本記事に沿って、設置してみましょう。

ちなみに、お問い合わせフォーム以外にも作っておきたい項目については、下記でご紹介しています。

まだ上記の設定をしていない方は、設定を進めていきましょう。

今回は以上です。

-WordPress, ブログ