BLOG SEO

SEOで検索意図が重要な理由とは?【調べ方・記事に活かす方法も解説】

SEOで検索意図が重要な理由とは?【調べ方・記事に活かす方法も解説】
悩んでいる人

SEOでは検索意図が大事って聞くけど、どんな風に役立つの? SEOに役立つなら、検索意図を調べる方法や、コンテンツづくりにいかすコツも知りたい。

こんなお悩みを解決します。

本記事の信頼性

Tsuzuki

この記事を書いている僕は、ブログ歴11ヶ月ほどです。SEO集客のおかげで、9ヶ月目にブログ収入で、月50万円を達成できました。

本業では、Webマーケターとして、コンテンツSEOをメインにやってます。

SEOにおいて、検索意図はかなり重要です。

なぜなら、検索意図を汲みとったSEOライティングができると、ユーザーに刺さるコンテンツを作ることができるからです。

その結果、ユーザー満足度があがり、SEOで上位表示も狙えます。さらに、セールスライティングと組み合わせることで、自然に商品販売もできて一石二鳥です。

僕が、アフィリエイトで月50万円稼げている理由も、検索意図をコンテンツ制作に活かしているからです。

今回は、そんな検索意図の重要性や、調べ方、コンテンツに活かす方法をご紹介していきます。

この記事を読み終えると、検索意図をSEOにいかすコツを理解でき、ユーザーに刺さるコンテンツ作成をする方法が分かりますよ。

SEOにおける検索意図の大事さとは【全員して知っておくべき】

SEOにおける検索意図の大事さとは【全員して知っておくべき】

検索意図とは、ユーザーが検索して得たいニーズのこと。

WEBで集客したい人なら、全員が知っておくべき超重要なキーワードです。

検索意図がSEOに役立つ理由とは【本質】

その理由とは、ユーザーに刺さるコンテンツ作りができるからです。

検索意図を汲み取れると、相手の求めているニーズに先回りして、サービス提供することができます。

超スゴ腕の営業マンを、想像してみてください。

きっと、お客さんの求めていることを理解して、期待に120%答えられる、提案をしてくれますよね。

SEOでも一緒でして、「読者の求めること=検索意図」です。

検索意図の理解は、サイト集客も、ブログ収入を得ることも、アフィリエイトで成約件数をあげることにも役立ちます。

WEBで成果をだしたいのなら、100%身につけておきたい必死スキルです。

検索意図の理解は、Googleの理念にも通じる

検索意図に120%答えることは、Googleの理念にも沿っています。

Googleが掲げる10の事実を見てみましょう。

10. 「すばらしい」では足りない。

たとえユーザーが自分の探すものを正確に把握していなくても、ウェブで答えを探すこと自体はユーザーの問題ではなく Google の問題です。Google は、全世界のユーザーがまだ具体的にイメージしていないニーズを予測し、新たなスタンダードとなるサービスを作り出しています。(一部抜粋・太字筆者)

出典:Googleが掲げる10の事実

上記のように、ユーザーが自分でも気づいていない、本質的なニーズに答えることを大事にしています。

つまり、SEOでも検索意図に120%答えて、ユーザーを満足させるコンテンツは、Googleの求めているコンテンツでもあるのです。

検索意図には、顕在ニーズと潜在ニーズの2種類ある

検索意図の2つのタイプは以下です。

①:顕在ニーズ
②:潜在ニーズ

それぞれ、解説していきます。

①:顕在ニーズとは?

ユーザーが自分で把握している、ニーズのこと。

実際に、検索するときに入力するキーワードから分かります。

②:潜在ニーズとは?

ユーザーが自分でも把握していない、ニーズのこと。

実際に、検索するキーワードには現れないので、分かりにくいです。

具体的には、顕在ニーズを満たしたときに、「ユーザーが次に知りたいこと」です。

例えば、「公認会計士 資格」という検索ワードの場合、以下のような検索意図が考えがられます。

2つの検索意図

  1. 顕在ニーズ:資格を取得する方法を知りたい。
  2. 潜在ニーズ:公認会計士になった後のキャリアや年収、独立の方法を知りたい。

思考プロセスとしては、「①資格をとる前に何を知りたいか→②資格をとった後に何を知りたいか」という感じです。

つまり、「公認会計士 資格」というキーワードだけを頼りに、ユーザーの心の中に、①資格をとるまでに知りたいこと②資格をとったあとに知りたくなること、両方のニーズが発生することを予測する必要があります。

検索意図を考えるコツとしては、「ユーザーがその後に何を求めるのか?」を常に考えることです。

両方を満たすコンテンツを作れると、ユーザーは満足し、SEOにも効きます。

検索意図を調べる方法3つ【ユーザー視点が必要】

検索意図を調べる方法3つ【ユーザー視点が必要】

検索意図の重要性と、2つのタイプについて解説してきました。

ここからは、検索意図の調べ方についてご紹介していきます。

調べ方を学んだら、自分で実際にやってみてください。

検索意図を調べるには、

①:キーワードの検索結果を調べる
②:Q&Aサイトで質問を眺めてみる
③:友だちとの会話から想像してみる

という3つの方法があります。

それぞれ解説していきます。

①:キーワードの検索結果を調べる

SEO上位の記事を、読み込んでみましょう。

TOP10の記事を読みながら、

  • 記事の想定読者は誰か?
  • 想定読者が抱えている悩みは何か?
  • 記事が解決している潜在ニーズは何か?

といった観点で検索意図を抜き出してください。

ちなみに、本記事の場合は、冒頭で3つとも書いています。

本記事の冒頭

▼ 記事の想定読者は誰か?
「検索意図について知りたい人」

▼ 読者が抱えている顕在ニーズは何か?
「検索意図はどんな風に役立つのか知りたい。」
「検索意図を調べる方法について教えてほしい。」

▼ 読者が抱くであろう潜在ニーズは何か?
「検索意図をコンテンツづくりにいかすコツを知りたい。」

上記のような感じです。

また、Googleのサジェストワードや、関連ワードも、検索意図を調べるのに役立ちます。

Googleのサジェストワード

Googleのサジェストワード

Googleのサジェストワードは、検索エンジンがユーザーに対して「あなたは、これを求めてるのでは?」と提案するキーワードのことです。

上記のキーワードだと、資格の難易度や、資格をとるための学校、資格をとったあとのことについて、サジェストしてくれています。

関連ワード

例えば、「公認会計士 資格」で調べてみたのですが、「難易度」や「独学」「年収」など、さまざまな検索意図が予測できるキーワードが得られました。

検索意図を調べたいキーワードと、関連してよく検索されるので、検索意図の分析に役立ちますよ。

②:Q&Aサイトで質問を眺めてみる

検索意図は、読者のリアルな悩みを想像することが大事でした。

Yahoo!知恵袋教えて!gooといったQ&Aサイトは、悩みの宝庫です。

例えば、Yahoo!知恵袋で「公認会計士 資格」で調べてみると、1万件以上の質問が投稿されていました。

Yahoo!知恵袋で「公認会計士 資格」で調べてみる

リアルなお悩みを見つけられるので、読者がどういう背景でググっているか、イメージしやすいと思います。

※検索窓の下は、広告が多いので注意です。

③:友だちとの会話から想像してみる

僕が最もよく使う方法です。

道具が必要ないので、すぐにできますよ

友だちとの会話をイメージして、検索意図を深掘りしていきます。

例えば、僕は台北に住んでいたので、よく友だちが台湾旅行にいくときに、おすすめの観光スポットを聞いてきます。

会話としてはこんなイメージです。

友だち:「お久!来月、台北に遊びに行くんだけど、おすすめの場所と、ご飯教えて!できれば小籠包とか食いたい!」

僕  :「お〜久しぶり!もちろん!ちなみに、誰といく感じ?何日くらいいる予定??」

友だち:「うーんと、彼女と2人で3泊4日!千と千尋の場所は行くけど、他は未定なんだよね。台北駅の近くに泊まる予定。」

僕  :「オッケー!彼女と一緒なら、華山1914文創園区っていう、おしゃれスポットは100%行くべき!小籠包は明月湯包ってところだと間違いないよ!」

友だち:「サンキュー!台湾ってポケットwifiとか必要?」

僕  :「カフェとかは基本wifiあるけど、観光で外で歩くなら、ポケットwifiがおすすめよ!1日1,000円くらいだから、4日で4,000円かな。今だと割引キャンペーンやってるから、このリンクから予約したらいいと思うよ〜!」

友だち:「オッケー!まじ感謝!また連絡するねー!」

どうでしょうか?

よくある友だちとの会話ですよね。

実は、おすすめのwifiをアフィリエイト商品にすれば、アフィリも成り立ちます。実際に友だちに対してやったことはないですが、こんなイメージを持っておくのが大事です。

それでは、この会話から、友だちの検索意図をまとめてみます。

顕在ニーズ

台北旅行でおすすめの場所とご飯を知りたい

潜在ニーズ

台湾ではポケットwifiを借りるべきか?
(話しているうちに、思い出したこと)

上記のような感じですね。

記事の構成も会話の中で完成しておりまして、あとは肉づけをすれば記事が完成します。しかも、ポケットWIFIのアフィリエイトリンクを入れておけば、アフィリ記事としても使えるので一石二鳥です。

以上が、友だちとの会話から、検索意図を調べる方法でした。

検索意図からSEOに効くコンテンツを作る方法

検索意図からSEOに効くコンテンツを作る方法

検索意図から記事を作る方法を解説します。

検索意図は、SEOライティングでコンテンツ化することで、ようやく効果を発揮するので、最後まで詰めましょう。

手順①:キーワードを選定する

SEOライティングは、キーワードありきで始まります。

キーワードを決めないで書くのは、目的地のないフライトと一緒ですので、先に決めてから書いてください。

今まで何も考えずに記事を書いていた人は、SEOキーワード選定の方法を4つの手順で解説【選び方のコツ】を読んで、キーワードの選び方を身につけましょう。

キーワードのSEO検索順位は、定期的にチェックしないとNGです。

ちなみに、おすすめのSEO検索順位チェックツールは、Rank Trackerです。

このツールのおかげでSEOの生産性が爆上がりました。

>> Rank Trackerは最高のSEO検索順位チェックツール!価格や使い方も解説!

手順②:検索意図を調査する

キーワードが決まったら、検索意図を調べていきます。

検索意図の調べ方については、本記事でご紹介した、下記の方法で調査します。

①:キーワードの検索結果を調べる
②:Q&Aサイトで質問を眺めてみる
③:友だちとの会話から想像してみる

顕在ニーズと潜在ニーズの2つを調べることを、忘れないでください。

③の会話形式で検索意図を考えたときは、会話内容をそのまま記事に使えるのでお得です。

手順③:記事を書いて公開する

検索意図を調べたら、記事執筆しましょう。

実は、検索意図に1つずつ回答していくと、そのまま記事の骨格ができます。

例えば、本記事の場合です。

検索意図は、以下の3つでした。

本記事の検索意図

  • 「検索意図はどんな風に役立つのか知りたい。」
  • 「検索意図を調べる方法について教えてほしい。」
  • 「検索意図をコンテンツづくりにいかすコツを知りたい。」

上の検索意図に対して、各見出しを作っていきます。

対応する見出し

  • 見出し1:SEOにおける検索意図の大事さとは【全員して知っておくべき】
  • 見出し2:検索意図を調べる方法3つ【ユーザー視点が必要】
  • 見出し3:検索意図からSEOに効くコンテンツを作る方法

検索意図に1つずつ対応している、各見出しが完成です。

あとは、見出しに沿って本文をライティングして、図や画像を整えたら、検索意図を汲み取った記事が完成します。

まとめ:SEOにおいて検索意図は最重要である

まとめ:SEOにおいて検索意図は最重要である

本記事の内容をまとめます。

  • 検索意図がSEOに役立つ理由は、ユーザーに刺さるコンテンツ作りに必要だから。
  • 検索意図は、顕在ニーズと潜在ニーズの2種類ある。
  • 検索意図を調べる方法は、SEO上位記事の調査、Q&Aサイトのチェック、友だちとの会話の3つがある。
  • 検索意図からコンテンツを作るには、検索意図への回答を見出し化すること。

このような感じですね。

SEOは毎年アップデートされて、検索意図にしっかり答えられない記事は、順位を落としています。

Googleの理念にもあるように、ユーザー自身も気づいていないような、潜在ニーズを満たしてあげられるコンテンツを作っていきましょう。

ちなみに、検索意図に答えられるようになると、サイト集客が成功し、商品やサービスを売ることができるようになります。

最初は大変ですが、本記事を読みこんで、何度もトライしてみましょう。

あわせて読みたい

-BLOG, SEO

Copyright© Tsuzuki Blog , 2020 All Rights Reserved.