WordPress ブログの始め方

mixhostでWordPressサイトを始める方法【初心者でも簡単】

悩んでいる人

mixhostでWordPressサイトを作りたいです!

WordPressクイックスタートを使えば、簡単にサイトを作れるって聞きました!画像つきで、手順をわかりやすく解説してほしい!

上記のようなお悩みを解決します。

本記事の内容

・mixhostの特徴とは?
・WordPressクイックスタートの手順
・mixhostの管理画面の使い方
・WordPressインストール後にやるべきこと

本記事の信頼性

本記事を書いている僕はブログ歴4年です。副業でブログを始めて、今では月100万円以上を稼げるようになりました。(2年11ヶ月継続中)

今回は、mixhostでサイトを作成する手順を解説します。

mixhostでサイトを作るときのメリットは、下記の3つです。

  1. 30日間の返金保証あり
  2. アダルトサイトの運営もOK
  3. WordPressクイックスタートに対応

※法律の範囲内で、mixhostの規約に準拠したサイトのみ運営することができます。
※本記事は、アダルト系サイトの運営を推奨するものではありませんのでご了承ください。

初回お申し込みから30日以内であれば返金保証があります。お試しでサイト作成してみたい方にとっては、ありがたい特徴ですね。

ちなみに、他の大手レンタルサーバー会社では、基本的にNGなアダルト系ジャンルでのサイト運営もOKとされています。

※大手レンタルサーバー会社:エックスサーバー、ConoHa WING、ロリポップ、さくらインターネットなど

上記ジャンルに取り組みたい方であれば、mixhostを使うのが間違いないです。

いますぐWordPressの始め方を教えてほしいという方は、「mixhostのWordPressクイックスタートでサイト作成する手順」をご覧ください。

本記事では、mixhostの特徴や評判を忖度ぬきでお伝えします。

メリット・デメリットを理解してから導入したいという方もご安心ください。

Tsuzuki

前置きはこの辺にして、本文へといきましょう。

もくじ

mixhostの特徴とは?料金や評判について解説!

mixhostはアズポケット株式会社が運営している、レンタルサーバーです。

どんな特徴があるのか、悪い評判と良い評判、どんな人に向いているのかを簡潔にご紹介していきますね。

mixhostの特徴

mixhostの特徴は、下記の5つです。

mixhostの特徴

  1. 30日間の返金保証あり
  2. アダルトサイトの運営もOK
  3. WordPressクイックスタートに対応
  4. 表示スピード満足度No.1の実績あり
  5. 2016年スタートのレンタルサーバー

mixhostは、2016年にスタートした比較的新しいレンタルサーバーになります。

冒頭でもお話ししましたが、30日間の返金保証、アダルトサイトの運営OK、WordPressクイックスタートに対応している3点が強みのサーバーですね。

mixhostは2020年2月から「WordPressクイックスタート」を始めているのですが、サーバー業界でも最速レベルです。(出典:mixhost news

※業界大手のエックスサーバーは2020年4月から。

Tsuzuki

mixhostの料金・スペック

mixhostの料金プランは、下記の5つです。

mixhostの料金プラン5つ

プランスタンダードプレミアムビジネスビジネス+エンタープライズ
3ヶ月1,518円/月1,529円/月3,069円/月6,149円/月12,309円/月
6ヶ月1,298円/月1,309円/月2,629円/月5,269円/月10,549円/月
12ヶ月1,078円/月1,089円/月2,189円/月4,389円/月8,789円/月
24ヶ月1,023円/月1,034円/月2,079円/月4,169円/月8,349円/月
36ヶ月968円/月979円/月1,969円/月3,949円/月7,909円/月
初期費用無料無料無料無料無料
mixhostの各プラン料金
(スマホは横スクロールできます)

基本的に、初心者の方であれば、「スタンダードプラン」を選んでおけば問題ありません。

各料金プランごとの違いや、mixhostのスペックについては下記です。

※専門用語がたくさん出てきてよく分からないという方は、飛ばしていただいて構いません。

mixhostのプランごとのスペック

プランスタンダードプレミアムビジネスビジネス+エンタープライズ
容量 SSD250GB350GB450GB550GB650GB
転送量目安18TB/月24TB/月30TB/月36TB/月42TB/月
割り当てメモリ4GB8GB12GB16GB32GB
ホストサーバーCPUXeon 36コア72スレッドXeon 36コア72スレッドXeon 36コア72スレッドXeon 36コア72スレッドXeon 36コア72スレッド
ホストサーバーメモリ256GB256GB256GB256GB256GB
MySQL無制限無制限無制限無制限無制限
マルチドメイン無制限無制限無制限無制限無制限
サブドメイン無制限無制限無制限無制限無制限
無料独自SSL
PHP高速化
WordPress高速化
HTTP/3 & QUIC
バックアップ
プラン変更アップグレードのみアップグレードのみアップグレードのみアップグレードのみアップグレードのみ
メールサポート
電話サポート×××××
かんたん引越し機能
アダルトサイト
mixhostのスペック
(スマホは横スクロールできます)

個人ブログなら、「スタンダードプラン」で問題なく運営できる高スペックサーバーです。

Tsuzuki

続いては、mixhostの評判についてご紹介していきます。

mixhostの悪い評判・口コミまとめ

mixhostの悪い評判を、Twitterで集めました。

評判・口コミを要点にまとめているので、スクロールしてみてください。

Twitterでの悪い口コミは、下記のような感じですね。

mixhostの悪い評判・口コミ

上記のように、「サポート面が微妙、ダウングレードができない点、障害の頻度が多い」という口コミが散見されました。

ネガティブな評判・口コミについてまとめると、下記の3点になります。

Tsuzuki

mixhostの悪い評判まとめ

・サポートが遅い、電話ができない
・プランをダウングレードできない
・サーバーに障害が発生する

サーバーに障害が発生するという評判は、これからmixhostを契約する上でネックになってきますよね。

しかし、実はmixhostもこのサーバー障害の発生を認知していて、会社としてしっかりと対策をしているんです。

簡単に、どんな改善をしたのかについてご紹介しますね。

mixhostの性能強化&品質保証制度について

出典:性能大幅強化&30日間返金保証のお知らせ

mixhostは、2019年にサーバーの「性能大幅強化」を行い、かつ「品質保証制度(SLA)」を導入しています。

性能大幅強化」は、その名の通り、サーバーの性能を大幅に強化することですね。処理速度を向上させたり、メモリを増設するなど、全ての機能が強化されています。

品質保証制度(SLA)」は、月間のサーバー稼働率が保証値を下回った場合、月額費用の一部を利用者にお返しするという制度です。

実際、2020年3月には稼働率が99.99%に落ちたことで、翌月の利用料金から1,000円を一律で割り引いています。

稼働率が99.99%で返金ということなので、サーバーの稼働率に対する自信が伺えます。

昔は、よくサーバー障害が起こると言われていたmixhostですが、事実を受け止めて改善しているという事実にも目を向けるべきですね。

mixhostのサーバー稼働状況については、mixhost Statusから確認することができますよ。

Tsuzuki

続いて、mixhostの良い評判・口コミをチェックしていきます。

mixhostの良い評判・口コミまとめ

続いて、mixhostの良い評判を、Twitterで集めてみました。

評判・口コミを要点にまとめているので、スクロールしてみてください。

Twitterでの良い口コミは、下記のような感じですね。

mixhostの良い評判・口コミ

上記のように「サポートが丁寧で早い、アダルトジャンルOKで表示スピードも速い、サイト立ち上げが超簡単」という口コミが見受けられました。

特に、サポート面に関しては、「サポートが物足りないという意見や、サポートが丁寧で解決できた」という、賛否両論があったので人によって印象が大きく変わるということがわかります。

ポジティブな評判・口コミについてまとめると、下記の4点になります。

Tsuzuki

mixhostの良い評判まとめ

・サポートが良い
・表示スピードが速い
・簡単にサイト作成できる
・普通はNGなジャンルでも運営できる

mixhostの評価をまとめます。

mixhostは他社サーバーに比べて、電話サポートがなく、たまにサーバー障害が発生する。その反面、表示スピードはたしかに速いし、簡単にサイトを作れるので便利である。

上記のようなメリット・デメリットを理解して使うのであれば、よいサーバーといえますね。

Tsuzuki

mixhostを使うのに向いている人

ここまで、mixhostの悪い評判、良い評判をご紹介してきました。

結局、どんな人がmixhostを使うのに向いているのかお答えします。

mixhostを使うのに向いている人

  1. メールのみでサポートでOKな人
  2. 高スペックなサーバーを使いたい人
  3. アダルト、出会い系で運用予定の人

上記のような方は、mixhostを使うのに向いています。

サーバーが高スペックで表示スピードも早く、他社ではNGなジャンルのサイト運営ができるのは大きな魅力です。

この魅力を理解している方であれば、mixhostでサイト運営するのがおすすめですよ。

Tsuzuki

それでは、次からサイト作成の手順をご紹介していきますね。

mixhostのWordPressクイックスタートでサイト作成する手順

mixhostのWordPressクイックスタートでサイト作成する手順をご紹介します。

【前提】WordPressクイックスタートでできること

mixhostのWordPressクイックスタートでできることは、下記の5つです。

WordPressクイックスタートでできること

  1. サーバー契約
  2. ドメイン取得
  3. サーバーとドメインの接続
  4. WordPressのインストール
  5. SSL化設定(セキュリティ強化)

mixhostの謳い文句である、「最短90秒でWordPressが作れる」は本当です。

そのくらいのスピード感で、WordPressサイトを始められます。

では、具体的な手順を解説していきますね。

Tsuzuki

手順①:mixhostにお申し込みをする

まずは、mixhostのお申込みをしましょう。

mixhostの公式HPにアクセスして、「今すぐmixhostをお申し込み!」からサーバーのお申し込みを行います。

下記から、公式HPへアクセスしましょう。

mixhostのお申し込みページ

※クリックすると公式サイトに飛びます。

※クリックすると公式HPへとジャンプします

手順②:サーバープランと契約期間を選択する

クリックすると、下記のような画面になります。

5つのサーバープランがあります。

初心者におすすめなのは「スタンダードプラン」ですね。

  1. スタンダード:1,078円/月〜
  2. プレミアム:1,089円/月〜
  3. ビジネス:2,189円/月〜
  4. ビジネスプラス:4,389円/月〜
  5. エンタープライズ:8,789円/月〜

12ヶ月契約ですと、各プランの月額料金は上記のような感じになります。

初心者はスタンダードプランがおすすめ

初心者は「スタンダードプラン」で始めておくのが無難ですよ。

スタンダードプランであれば、月数十万PVなどでも安定して運営することができるので、スペックとしては十分です。

料金も、月1,000〜1,500円ほどなので、コスパ良く運営することができますね。

mixhostの初回契約特典

サーバー契約の特典は、下記の2つです。

  1. プレミアム以上は、初回お支払い金額が半額になる
  2. 12ヶ月以上の契約で対象ドメインが永久無料になる

パッと見、一番安いスタンダードと二番目に安いプレミアムの料金は、ほとんど変わらないように見えます。

しかし、初回支払いの期間が過ぎたら料金が2倍ほどに上がってしまう(通常料金に戻ってしまう)ので、ご注意ください。

上記は、12ヶ月の契約料金で、スタンダードプランとプレミアムプランを比較した表です。

※契約後に、プランのダウングレードできません。(アップグレードは可能)

契約期間は12ヶ月以上がおすすめ

契約期間は12ヶ月以上がおすすめです。

対象ドメインが永久無料になるので、このお得な特典を利用して契約しておきましょう。

具体的には、「.com」「.net」「.shop」「.org」「.biz」「.info」「.xyz」「.link」「.click」の9つが永久無料となる対象ドメインです。

とはいえ、予算的に12ヶ月以上は厳しいという方は、3ヶ月契約などでも全く問題ありません。

Tsuzuki

手順③:WordPressクイックスタートを選択する

プランと契約期間を選択したあとは、WordPressクイックスタートの「利用する」を選択しましょう。

そうすると、下記のように続きが表示されます。

サイト名」とWordPressにログインする用の「ユーザー名・パスワード」を設定していきましょう。

ユーザー名とパスワードは、WordPressにログインするときに使うので、忘れないように手元にメモしておくのがおすすめです。

手順④:ドメインを選択する

続いて、取得したいドメインを選択しましょう。

ドメインを入力して、「検索」をクリックしてみてください。

○○.com は空いていません。」という文言がでなければ、利用可能ということです。

○○.com は空いていません。」のドメインは使えません

ドメインを決めるコツ

ドメインは、日本語以外であればなんでもOKです。

  • NGな例:日本語ブログ.com
  • OKな例:japanese-blog.com

もし日本語のブログ名をそのままドメインにしたい場合は、上記のように英語に直しておくと良いですよ。ただし、長くなり過ぎないように注意しましょう。

例えば、当ブログは Tsuzuki Blog というブログ名なので、ドメインは tsuzukiblog.org です。

ドメインの後ろは、「 .com 」や「 .org 」あたりを選んでおけば問題ありません。

たまに、ドメインがSEOに影響するといった噂を聞きますが、ドメインがSEOに影響することはないので、気にせずに選びましょう。

ドメインのリスト下部に、「Whois情報公開代行無料」という項目がありますが、こちらはチェックマークを入れておいてOKです。

あなたの個人情報を守ってくれる無料サービスになります。

手順⑤:会員情報を入力する

ドメインの入力が完了したら、「3. 会員情報を入力してください」に情報を入力して、「次へ」をクリックしましょう。

個人でも法人でも、どちらでも契約することができます。

必要な情報を入力して、「次へ」をクリックしましょう。

手順⑥:お支払い情報を入力する

最後に、お支払い情報を入力していきます。

  1. クレジットカード(VISA / MasterCard / JCB / American Express / Diners Club)
  2. 銀行振込

mixhostは、上記2つのお支払い方法に対応しています。

お好きな方法でお支払いを完了させましょう。

お支払い情報を入力したら、利用規約への同意にチェックを入れて、「お申込み」をクリックします。

銀行振込で申込みした場合

銀行振込でお申し込みをした場合は、上記のような画面になります。

登録したメールアドレス宛に、下記のような題名のメールが届いているはずなので、指定の振込先に銀行振込を行いましょう。

以上が、mixhostのWordPressクイックスタートでサイト作成をする方法です。

続いては、WordPressにログインする方法や、mixhost管理画面の使い方を解説していきます。

mixhostでサイト作成した後はWordPressにログインしよう

サイト作成お疲れさまでした!

クイックスタートを使ったおかげで、かなりスムーズにWordPressの立ち上げができたのではないでしょうか?

ここからは、WordPressにログインする方法についてご紹介していきますね。

WordPressにログインする方法

まずは、WordPressにログインする方法を解説します。

WordPressクイックスタートを完了して数十分すると、下記のようなメールが届いているはずです。

WordPressクイックスタートをご利用のお客様へ」という箇所にある、「管理URL」のリンクをクリックしましょう。

この管理URLが、WordPressのログインURLです。

もし、上記のメールが確認できないという方は、「サイトURL/wp-admin」をGoogleなどに手動で入力すればアクセスできます。

そうすると、下記のログイン画面が表示されるはずです。

ログイン情報は、クイックスタート時にご自身で設定したものになります。

  1. ユーザー名:クイックスタートで設定したもの
  2. パスワード:クイックスタートで設定したもの

上記を入力して、「ログイン状態を保存する」にチェックを入れて、「ログイン」をクリックしましょう。

すると、下記のようなWordPress管理画面が表示されます。

管理画面の使い方については、ログインできないときの対処法の後に、簡単にご紹介しますね。

WordPressにログインできないときの対処法

WordPressにログインできないときは、大きく分けて下記の2パターンがあります。

  1. ログイン画面が表示されないとき
  2. ログイン情報を忘れてしまったとき

それぞれの対処法は、下記です。

①:ログイン画面が表示されないとき

管理URL」(ログインURL)にアクセスしても、ログイン画面が表示されないときの対処法です。

ログイン画面が表示されない場合、まだWordPressのセットアップが完了していない可能性があります。

クイックスタートでWordPressを立ち上げた場合、セットアップに1時間ほどはかかるので、1〜2時間ほどあけてから再度ログインURLにアクセスしてみましょう。

もしも、数時間待っても解決されない場合は、mixhostヘルプページをみながら対処するのがおすすめです。

>> WordPressクイックスタートのトラブルシューティング

上記を見てもわからない場合、ご契約後のお問い合わせから、お問い合わせメールを送ってみましょう。

※返信は月曜日〜金曜日のうち祝日を除く営業時間内(10:00〜18:00)にくるはずです。

②:ログイン情報を忘れてしまったとき

ログイン情報を忘れてしまったときの対処法です。

ログイン画面の、「パスワードをお忘れですか?」をクリックしましょう。

すると、下記の画面になるので、登録しているメールアドレスを入力して「新しいパスワードを取得」をクリックします。

登録したメールアドレス宛に、パスワードのリセット情報が届くので、パスワードをリセットしてログインすればOKです。

WordPressの管理画面の使い方

WordPressの管理画面について、簡単に解説します。

サイトページと管理画面を行き来する方法

管理画面から、サイト自体のページにいくには、左上のサイト名をクリックすればOKです。

管理画面サイドバーの種類と内容

管理画面でできることは、サイドバーに表示されています。

よく使う項目について、それぞれどんなことができるかというと、ざっくり下記のような感じです。

  • 投稿:記事作成、タグ・カテゴリー設定など
  • 固定ページ:お問い合わせ、プライバシーポリシー、運営者情報など
  • 外観:WPテーマ、カスタマイズ、ウィジェット、メニューなど
  • プラグイン:プラグインの追加、停止など
  • ユーザー:ユーザー追加、プロフィールの編集など
  • 設定:一般、投稿、表示、ディスカッション、メディア、パーマリンクの設定など

WordPressを立ち上げた初期は、固定ページ・外観・プラグイン・設定をよくいじることになります。

初期設定が一段落したら、基本的には「投稿→記事作成」ばかりを使うようになるはずです。

ざっくりとした解説なので、イマイチ使い方のイメージがつかないと思います。しかし、初期設定などを進めていけば、だんだん分かってくるのでご安心ください。

Tsuzuki

mixhostの管理画面の使い方

mixhostの管理画面の使い方についてご紹介します。

mixhostのマイページでできること

mixhostのマイページでできることは下記です。

mixhostのマイページでできること

  • 新規サーバーの契約
  • 新規ドメインの取得
  • ドメインの更新
  • 請求書の発行
  • お支払い方法の追加

上記のような、サーバーやドメインの契約関係、お支払い関係に関することができます。

mixhostのマイページにログインするには、下記のページにアクセスしましょう。

>> マイページのログインページ

mixhostのアカウントを作成したときに登録した、メールアドレスとパスワードを入力してログインします。

マイページにログインすると、上記のような画面になります。

メニューバーにある、「サービス・ドメイン・請求・サポート」などから、各種の設定などを行うことができますよ。

mixhostのcPanel(コントールパネル)でできること

cPanel(コントールパネル)には、マイページからログインすることができます。

まずは、上記のように、契約しているドメインの部分をクリックしましょう。

サイドバーの「cPanelにログイン」をクリックします。

上記のような画面になれば、ログイン完了です。

他のログイン方法

上記以外にも、アカウント設定完了のお知らせメールからログインする方法もあります。

「【mixhost】 レンタルサーバーアカウント設定完了のお知らせ」というタイトルのメールの中に、下記のような記載があります。

こちらの「コントロールパネル」と書かれたURLからログインすることもできます。

ユーザー名とパスワードは、上記でモザイクになっている部分に書かれているので、ログイン画面で入力すればOKです。

cPanelでできること

cPanelでできることを、ざっくり列挙してみました。

  • 独自ドメインの設定
  • サブドメインの設定
  • 負荷状況を確認する
  • サーバーのIPアドレスの確認
  • ディスク使用量の確認
  • メールアドレスの作成
  • データベースの操作

WordPressクイックスタートでサイト立ち上げした方は、サブドメインで複数サイトを運営するときなどを除いて、cPanelを利用するタイミングはほとんどないと思います。

ひとまず、ログイン方法と、何ができるかについて把握しておきましょう。

mixhostでWordPressをインストールした後にやるべきこと

mixhostの管理画面について理解できたでしょうか。

次は、WordPressのインストールが完了した後にやるべきことを5つご紹介していきます。

WordPressインストール後にやること

①:パーマリンク設定
②:WordPressテーマの導入
③:プラグインの導入
④:アナリティクス・サーチコンソールの登録
⑤:コンテンツの作成

1つずつ、解説していきますね。

①:パーマリンク設定

パーマリンクとは、各ページで設定するURLのことです。

パーマリンク設定することで、ページのURLを、記事ごと設定することができるようになります。

例えば、本記事のパーマリンクは下記です。

https://www.tsuzukiblog.org/mixhost-wordpress-start

上記の「/mixhost-wordpress-start」の部分を、各記事ごとに設定できるようにするために、パーマリンク設定をします。

パーマリンク設定のやり方は、下記です。

まずは、WordPressの管理画面から「設定」→「パーマリンク」をクリックしましょう。

続いて、「カスタム構造」を選択します。

その後、最初に記入されている内容を削除して、「/%postname%/」のみ残します。

下にある/%postname%/と書かれたボタンをクリックしてもOKです。

完了したら、「変更を保存」をクリックしましょう。

パーマリンク構造を更新しました。」という言葉が出てきたら、完了です。

ちなみに、投稿名が選択されているのですが、これで問題ありません。

上記のように、パーマリンクをサクッと設定しておきましょう。

パーマリンク設定をするべき理由

パーマリンクは、最初に設定すべきです。

どうして最初に設定すべきかといえば、後から設定すると下記の3つのようなデメリットが生じるからですね。

  1. SEO評価がゼロになる
  2. 被リンクが無効になる
  3. SNSシェアの評価が無効になる

パーマリンク=記事ごとの固有のIDみたいなものなんですね。

そのため、後からパーマリンクが変わると、今まで獲得してきたSEOや被リンク、SNSシェアでの評価がリセットされてしまいます。

損をしないためにも、パーマリンクは最初に設定をしておきましょう。

②:WordPressテーマの導入

続いて、WordPressテーマを導入していきます。

WordPressテーマとは、サイトのデザインを整えてくれるテンプレートみたいなものですね。

テーマを導入すれば、HTMLやCSSといったコードを書けない方でも、簡単にサイトのデザインを整えることができますよ。

おすすめのWordPressテーマは、下記の9つです。

おすすめの有料テーマ6つ

おすすめの無料テーマ3つ

当ブログでは、AFFINGER6という有料テーマを利用しています。

テーマは1回購入するとずっと使い続けられるので、初期投資として有料テーマを購入しておくのが個人的におすすめです。

WordPressテーマについて詳しくは、下記の記事で解説しているので、ご覧ください。

③:プラグインの導入

テーマを導入した後は、プラグインを導入していきましょう。

プラグインとは、WordPressを拡張してくれるプログラムのことです。

最初に入れるべきおすすめプラグインは、下記の11個になります。

おすすめのプラグイン11選

  1. Akismet Anti Spam【スパム防止】
  2. BackWPup【バックアップ確保】
  3. Broken Link Checker【リンク切れチェック】
  4. Contact Form 7【お問い合わせフォーム】
  5. EWWW Image Optimizer【画像圧縮】
  6. XML Sitemaps【サイトマップ作成】
  7. Table of Contents Plus【目次作成】
  8. TablePress【表・テーブル作成】
  9. Advanced Editor Tools【編集画面カスタマイズ】
  10. WP Multibyte Patch【日本語の不具合修正】
  11. WPS Hide Login【セキュリティ強化】

全て、無料で使えるプラグインなので、ひとまず入れておきましょう。

詳しくは、下記の記事でご紹介しています。

④:アナリティクス・サーチコンソールの登録

プラグインの後は、アナリティクス・サーチコンソールを登録していきましょう。

それぞれを簡単に説明すると、下記のような感じです。

  • アナリティクス:読者がサイトに訪問してからの、行動データを測定してくれるツール
  • サーチコンソール:読者がサイトに訪れる前の、検索結果に関するデータを測定してくれるツール

アナリティクスは、読者がサイトに訪問した後の「アクセス数・セッション数・滞在時間・離脱率・直帰率」などを測定できるツールです。

アナリティクスの画面

アナリティクスの設定については、下記の記事をご覧ください。

一方、サーチコンソールは、読者がサイトに訪問する前の「各キーワード(クエリ)ごとの表示回数・クリック数・CTR・検索順位」を測定できるツールになります。

サーチコンソールの画面

サーチコンソールの設定については、下記の記事をご覧ください。

⑤:コンテンツの作成

上記の設定が完了したら、コンテンツを作成していきましょう。

コンテンツ=記事のことですね。WordPressサイトを作る目的は人それぞれですが、SEOから集客していくには、ある程度のコンテンツ量が必要です。

下記の記事を読みつつ、記事作成を進めていきましょう。

mixhostのクイックスタートに関するよくある質問

最後に、mixhostのクイックスタートに関するよくある質問にお答えしていきます。

①:mixhostではアダルト系/出会い系のサイト運営ができるの?

はい、運営可能です。

mixhostなら、アダルト系/出会い系のサイト運営もすることができます。

他の大手レンタルサーバー会社さんの場合、基本的にはNGなジャンルです。

そのため、上記のジャンルでサイト運営ができるのはmixhostの強みといえます。

②:30日間の返金保証があるって本当?

初回お申し込みから30日以内であれば、返金保証があります。

ただし、ドメイン代金は対象外になるのでご注意ください。

返金について詳しくは、下記のmixhost ヘルプ&サポートにて解説されています。

>> 返金保証制度について(公式HP)

③:WordPressにログインできないときはどうすればいいですか?

WordPressにログインできないときは、下記2つのパターンがあります。

  1. ログイン画面が表示されないとき
  2. ログイン情報を忘れてしまったとき

詳しくは、WordPressにログインできないときの対処法にて解説しているので、ご確認くださいませ。

④:途中でサーバープランのダウングレード、アップグレードはできますか?

サーバープランのダウングレードはできませんが、アップグレードはできます。

⑤:何かあったときに電話でサポートはしてもらえるのでしょうか?

現状、mixhostは電話サポートは対応していません。

メール対応のみとなっておりますので、ご注意ください。

mixhostへのお問い合わせは、ご契約後のお問い合わせから可能です。

まとめ:mixhostでサイト作成した後は記事を書こう!

今回は、mixhostでサイト作成する手順を解説してきました。

mixhostは、他社サーバーではNGなジャンルでのサイト運営が可能だったり、便利なWordPressクイックスタートが使えるレンタルサーバーです。

mixhostでWordPressを始める具体的な手順については、mixhostのWordPressクイックスタートでサイト作成する手順にてご紹介しています。

サイト作成をしたあとは、コンテンツ作成をしていきましょう。

今回は以上です。

  • この記事を書いた人

Tsuzuki

ブロガー【経歴】立命館大学 ▶︎IT企業でWebマーケター ▶︎ Tsuzuki Blog (最高月34万PV / 380万円)運営 ▶︎ ブログラボ創設 ▶︎ 2020年5月に独立 ▶︎ 福岡で妻と暮らしてます ● SEO・ブログ・アフィリエイトが好きです ● 北海道出身の28歳

-WordPress, ブログの始め方