BLOG

初心者におすすめのブログ用最強レンタルサーバーは1つ【国内最速】

悩んでいる人

これからワードプレスブログを作ろうと思っているのですが、どのサーバーがいいか迷っています。初心者におすすめな、「定番のレンタルサーバー」を教えてください!

こんな疑問にお答えします。

本記事の内容

・結局、どのサーバーが一番おすすめ?
・ブログ運営に最適なサーバーの選び方
・身につけておきたいサーバー基礎知識
・人気サーバーでブログを開設する方法
・WordPress開設後にやるべきこと3つ

本記事の信頼性

Tsuzuki(@1276tsuzuki

この記事を書いている僕は、ブログ歴1年10ヶ月ほどです。
副業ブログのおかげでブロガーとして独立することができ、現在は当ブログで月300万円ほどを稼ぎながら暮らしています。

今回は、ブログにおすすめなサーバーをご紹介します。

サーバー周りは、難しい話が多いです。「転送量がどうとか、ディスク容量がほにゃらら」とか説明されても、ぶっちゃけ初心者にはよく分からないですよね。

そこで、本記事ではブログ初心者でもサクッと理解できるように、一番大切なポイントだけを分かりやすく解説していきます。

もう、他の記事を読む必要がないくらい解説するので、安心してください。

「正しいサーバーの選び方とは?」「結局、サーバーの良し悪しって何で決まるの?」といった疑問も解消できますよ。

Tsuzuki

それでは、前置きはこの辺にして、本文へいきましょう。

結局、どのサーバーが一番おすすめなの?

結論、ConoHa WING が最強サーバーです。

運営元は、大手企業のGMOインターネットなので安心できますね。

ConoHa WING(コノハウィング)がおすすめな理由

ConoHa WINGをおすすめする理由は、下記3点。

ConoHa WING がおすすめな理由
  1. 国内最速なのに安い
  2. サポートが充実している
  3. WordPress最適化している

上記のような感じですね。

もう少しだけ、深掘りしていきます。

国内最速なのに安い

ConoHa WINGの真骨頂は、表示スピードが国内No.1ということ。

実際、当ブログでもConoHa WINGを利用していますが、こんなにハイスペックなのに月800円ほどでコスパ最高です。

Tsuzuki

サポートが充実している

電話・チャット・お問い合わせフォームで相談可能です。

ていねいに対応してくれるので、初心者でも安心できますね。

WordPress最適化している

WordPressでブログを作るときに、重要なのが下記です。

  • WordPressインストール
  • ドメインとサーバーの接続
  • 常時SSL化(セキュリティ強化)

初心者がブログをつくるときは、上記の3点がボトルネックになります。

しかし、ConoHa WINGの「WordPressかんたんセットアップ」を使えば、自動で実装してくれるので便利です。(このあと、ご紹介します。)

ConoHa WING なら10分でブログを作れる

初心者でも、10分でブログを作れます。

ConoHa WINGには「WordPressかんたんセットアップ」という機能がありまして、10分でサクッとブログを作ることができるのです。

WordPressかんたんセットアップを使って、10分でサクッとブログを作る方法は、下記で解説しています。

>> ブログ初心者でも10分でできるWordPressの始め方【超簡単】

※当ブログ限定の500円OFFクーポンもついているのでお得です。

ConoHa WINGと他社サーバーを比較【エックスサーバーも◎】

他社比較をすると、こんな感じです。

サーバー他社比較

サーバー名月額料金おすすめ度人気プラン特徴
ConoHa WING792円ベーシックGMO運営の最速サーバー。ハイスペックなのに、月額料金が安い。
エックスサーバー880円X10プラン老舗サーバー。表示スピードが速く、管理画面も使いやすいのが特徴。
mixhost1,078円スタンダードスペックも申し分なく、アダルト系のサイトにも対応しています。
さくらサーバー524円スタンダード最も安く運営したいならさくらサーバーがおすすめ。
ロリポップ!550円スタンダード料金は安いのですが、管理画面が少々使いにくい印象。
※月額料金は税込表示です。

上記の中から選んでおけば、ハズレはありません。

他社比較をしてみた結果。

エックスサーバーも悪くないのですが、コスパ面を考えると、ConoHa WING に軍配が上がります。

ブログ運営に最適なレンタルサーバーの選び方

ブログに最適なサーバーの選び方は、下記3点です。

ブログに最適なサーバーの選び方

その①:表示速度が速く、安いこと
その②:WordPress開設が楽なこと
その③:サポートが充実していること

1つずつ、解説していきますね。

その①:表示速度が速く、安いサーバーを選ぶ

ブログは、表示速度が命です。

ネットサーフィンしていて表示速度が遅いサイトがあれば、イライラして検索画面に戻りますよね。だからこそ、速いサーバーを選んでおくのが重要です。

ConoHa WING の処理速度ランキング(国内No.1)

ブログの読者も同じです。

特に、WordPressは動きのあるWEBサイトなので、サーバーの表示スピードが大きく影響します。

サーバーを選ぶときに、最重視すべきなのはスピードです。

Tsuzuki

その②:WordPress開設が楽なサーバーを選ぶ

ブログ初心者なら、WordPressの作りやすさも重要です。

一昔前はかなりハードルが高かったのですが、現在は「WordPressかんたんセットアップ」など10分ほどで開設できるサービスがあります。

WordPressインストールや常時SSL化といった、初心者がつまづくポイントも全て解決してくれるので安心ですね。

Tsuzuki

その③:サポートが充実しているサーバーを選ぶ

サポートが充実しているかどうかは、地味に重要。

なぜなら、不明点があったときに初心者は解決するのが難しいからですね。

上記は、ConoHa WINGのサポートトップ。

電話やチャットでサポートしてくれるので、初心者でも安心して使えます。

ひとまず、不明点がでてきたらサポートページ内をくまなく探すべしです。

サポートページを見ても分からないことや、解決できないことがあれば、電話・チャット・お問い合わせフォームを利用しましょう。

Tsuzuki

初心者が身につけておくべきサーバー基礎知識

下記の3つについては、サーバーの基礎知識として覚えておきましょう。

サーバーの基礎知識

・ドメインとサーバーとは?
・レンタルサーバーとVPSサーバー
・サーバーの良し悪しは何で決まる?

1つずつ解説していきます。

ドメインとサーバーって、そもそも何なの?

ドメインとは、ネット上の住所のこと。

当ブログでいえば、 tsuzukiblog.org がドメインになります。ここは自由に決めることができるので、自分だけのドメイン名を考えておきましょう。

一方で、サーバーとは、ネット上の土地のことです。

当ブログでは、ConoHa WING を利用しています。どのサーバーを使うかで、表示スピードに差がでてくるので速いサーバーを選びましょう。

ちなみに、WordPressでブログを作るには、ドメイン・サーバーを取得して、WordPressインストールをするという3つが必要です。

インターネット上でWordPressという家(基地)を作るために、住所(ドメイン)と土地(サーバー)が必要だとイメージすると分かりやすいはず。

Tsuzuki

レンタルサーバーとVPSサーバーの違いとは?

ちなみに、サーバーには「レンタルサーバー(共用サーバー)」と「VPSサーバー」という2つがあります。

※専用サーバー・クラウドサーバーもあるのですが、初心者向けではないので割愛します。(大規模サイト向け)

レンタルサーバーとは?

別名、共用サーバー。

その名の通り、1つのサーバーを複数のユーザーで分け合って利用するサーバーのことです。使いやすく環境がセットアップされており、料金も手軽なので初心者にはぴったりなサーバー。しかし、その分独自性は低くなっています。

※本記事でご紹介しているサーバーは、全て、このレンタルサーバーです。

VPSサーバーとは?

Virtual Private Server の略。

1台のサーバーを共用で利用する点ではレンタルサーバーと同じです。

しかし、各ユーザーごとに仮想専用サーバーが割り当てられています。共用サーバーより、カスタマイズ性が高いのですが、その分だけ設定のハードルが高いのが特徴です。

※まとめると、カスタマイズ性が高いけど初心者が使うにはキツイよという感じ。

結論、ブログ初心者はレンタルサーバーを使っておけば間違いありません。

サーバーの良し悪しは、どんな要素で決まるの?

基本的には、先ほどご紹介した3つです。

  1. 表示速度が速く、安いこと
  2. WordPress開設が楽なこと
  3. サポートが充実していること

そして、ブログ運営をする上で、一番重視すべきなのはスピードですね。

ブログの表示スピードが遅いと、読者がサイトを離脱しやすいので、スピードに定評のあるサーバーを選んでおきましょう。

月数万PVのアクセスになった場合

アクセスが多くなると、サーバーが耐えきれず503エラーなどが発生することがあります。

>> 503エラーとは?エラーが表示される原因と早期解決へ導く対処法 | SEO World

月数万〜数十万PVのアクセスを集めるようになったら、サーバーのプランを変更するなどして、アクセスへの耐久性をあげていけばOKです。

人気サーバーでWordPressを立ち上げる方法

本記事でおすすめしている、ConoHa WINGでワードプレスブログを立ち上げる方法は下記です。

>> ブログ初心者でも10分でできるWordPressの始め方【超簡単】

初心者の方でも、10分あればWordPressを作れます。

たくさん画像を使いながらご説明しているので、記事を開きながら作業を進めてみましょう。

ブログを立ち上げたあとにやるべきこと3つ

ワードプレスブログを開設した後にすべきことは下記。

ブログ開設後にすべきこと3つ

その①:WordPressの初期設定をする
その②:WordPressの投稿方法を知る
その③:SEOを意識して記事を書いてみる

1つずつ、解説していきます。

その①:WordPressの初期設定をする

WordPressの初期設定をしていきましょう。

WordPress初期設定6つ

①:一般設定
②:投稿設定
③:表示設定
④:ディスカッション設定
⑤:メディア設定
⑥:パーマリンク設定

具体的には、上記の6つの設定です。

詳しくは、下記の記事でご紹介しています。

>> WordPressの初期設定の方法を分かりやすく解説する

その②:WordPressの投稿方法を知る

初期設定が終わったら、記事投稿のやり方を学習します。

WordPress5.0からは「グーテンベルク」というエディター(編集画面)が採用されており、これからWordPressを立ち上げる方はデフォルトになっているはずです。

グーテンベルクでの投稿方法

グーテンベルクでの記事投稿の方法は、下記の記事でご紹介しています。

>> WordPressブログの書き方と投稿方法

Classic Editorでの投稿方法

一方で、いまだに多くのブロガーが旧来のエディターを使っています。

具体的には、「Classic Editor」というプラグインを使うことで、旧来のエディターを使うことが可能です。そんな、Classic Editorを使った投稿方法は、下記をご覧ください。

>> 初心者必見!集客をアップさせるWordPressの投稿方法

しかし、2021年12月31日でサポート終了の予定らしいので、今からブログを始めるならグーテンベルクを使うのがベターですね。

Tsuzuki

その③:SEOを意識して記事を書いてみる

投稿方法がわかったら、実際に記事を更新していきましょう。

ただ、テキトーに記事を書いても読まれないので注意です。では、何を意識すればいいのかといえば、SEOを意識して記事ライティングをします。

SEO(検索エンジン最適化)とは?

ざっくり説明すると、Googleで検索上位をとる技術のことです。

下記のような感じで検索したときに、一番上に表示されれば、アクセスを集めることができますよね。

例えば、上記は [ 副業 ブログ ] というキーワードでGoogle検索した画面です。

当ブログが2番目に表示されているので、検索順位は2位ということになります。

こんな感じで、SEOを意識して記事を書いていきましょう。

>> SEOで検索上位を取るための記事ライティング

最初は難しいかもですが、「習うより慣れろ」というやつです。

ちなみに、どんなキーワードを選ぶべきかは、下記の記事でご紹介しています。

>> SEOキーワード選定の方法を4つの手順で解説【選び方のコツ】

まとめ:ブログ初心者が選ぶべきサーバーは1つ

今回は、ブログにおすすめのサーバーについてご紹介しました。

結論、初心者が選ぶべきサーバーはConoHa WINGです。サーバー選びで迷っている方は、とりあえず選んでおいて間違いありません。

また、WordPressブログを立ち上げたという方は、記事をガンガン書いていきましょう。

今回は以上です。

-BLOG

Copyright© Tsuzuki Blog , 2020 All Rights Reserved.