Affiliate MARKETING

アフィリエイト13種類の一覧リストを紹介【媒体・商材・集客方法】

アフィリエイト13種類の一覧リストを紹介【媒体・商材・集客方法】
悩んでいる人

アフィリエイトにはどんな種類があるのか知りたい。初心者の僕でも、稼ぎやすいジャンルや、アフィリエイトの始め方についても教えてほしい。

最初に、結論を述べておきます。

アフィリエイトを「媒体・商材・集客方法の3つ」に分類すると、下記の13種類がメインです。

アフィリエイトの媒体は3種類

  1. サイトアフィリエイト
  2. ブログアフィリエイト
  3. Youtubeアフィリエイト

アフィリエイトの集客方法は5種類

  1. SEO
  2. SNS
  3. PPC(広告)
  4. セルフバック
  5. メルマガ 

アフィリエイトの商材は5種類

  1. 物販アフィリエイト
  2. ASPアフィリエイト
  3. アドセンスアフィリエイト
  4. 情報商材アフィリエイト
  5. トレンドアフィリエイト

本記事では、上記の13種類のアフィリエイトに関して、「初心者でも稼ぎやすいか?」といった観点で、わかりやすく解説していきます。

本記事の信頼性

本記事を書いている人

この記事を書いている僕は、アフィリエイト歴11ヶ月です。

副業としてはじめたブログ収入が、月50万円を超えました。

>> 副業ブログで収入UPするコツを、9ヶ月で月50万稼いだ僕が解説する

これからアフィリエイトを始めたい方や、本記事でご紹介しているアフィリエイトを試してみるといいですよ。

それでは、じっくりとご覧ください。


アフィリエイトは13種類【3つに分けて解説】

アフィリエイトは13種類【3つに分けて解説】

今回ご紹介するアフィリエイトは13種類です。

どうしてこんなに数が多いかというと、「媒体・集客方法・商材の3つ」に分けて、アフィリエイトをご紹介していくからです。

アフィリエイトは組み合わせて運営【媒体 × 商材 × 集客方法】

今回、13種類のアフィリエイトをご紹介しますが、1つだけを選ぶより、掛け合わせて使うイメージを持ってもらう方がいいと思います。

例えば、当ブログでいえば、

  • 媒体:ブログ
  • 集客方法:SEO/SNS
  • 商材:物販/ASP/アドセンス

を組み合わせて運営しています。

実際に、上記の方法で、月50万円を稼ぐことができました。

1つの種類に囚われることなく、複数のアフィリエイト手法を組み合わせましょう。

初心者が稼ぎやすいアフィリエイトの種類はない【選択より作業が命】

ぶっちゃけ、稼ぎやすいアフィリエイトはありません。

どの媒体や集客方法、商材を選んでも、稼げるようになるまでは、それなりに時間と労力がかかるものです。

その前提を踏まえた上で、初心者におすすめするとすれば、ブログアフィリエイトをベースにするのがおすすめです。

最初は、ブログでSEOやSNSといった集客方法を学びつつ、物販・ASP・アドセンスで収益化を目指しましょう。

アフィリエイトを始める方法【超簡単です】

初心者におすすめの「ブログアフィリエイトを始める方法」は、3つの手順を踏むだけで完了です。

①:ブログ開設する
②:ASPに登録する
③:高品質な記事を書く

上記の3つです。

ブログを開設する方法はWordPressブログの始め方を解説【初心者でも100%失敗しない方法】にて50枚以上の画像を使って、わかりやすくご説明しています。

おすすめのASPは、アフィリエイトのおすすめASP12社【絶対に登録すべき】をご覧ください。

そして、高品質な記事の書き方については、収益を上げるアフィリエイト記事の書き方【見本公開】にて解説しています。

3つの記事を読みながら、手を動かしてみるとアフィリエイトのスタートラインに立てますよ。アフィリエイトで稼ぐのは、簡単な道ではないですが、アフィリエイト記事は資産化していくものですので、挑戦して損はありません。

ここからは、13種類のアフィリエイトをざっとご紹介していきます。

アフィリエイトの媒体は3種類

アフィリエイトの媒体は3種類

アフィリエイト広告を掲載する媒体は、下記の3種類になります。

①:サイトアフィリエイト

サイトを立ち上げて、アフィリエイトをすることです。

特に、テーマを決めて作る「特化サイト」を指す場合が多いです。

例えば、「クレジットカード特化サイト」「ポケットWIFI特化サイト」みたいに、テーマ性を持ったサイトをイメージするとわかりやすいと思います。

「特化サイト」でアフィリエイトをする場合、

  • 専門知識がある
  • 専門知識がなくても学ぶのが苦ではない
  • サイト作りの方法がわかっている

といった人でないと、すぐにつまづくことが予想できます。

②:ブログアフィリエイト

ブログ形式でのアフィリエイトです。

WordPressやはてなブログを利用して、記事の中でアフィリエイト商品を紹介していく感じです。

特化サイトと比較して、自分の好きなテーマで記事を書いていく「雑記サイト」として、運営していける特徴があります。

③:Youtubeアフィリエイト

Youtubeの再生前・中・後に流れる、広告で稼ぐアフィリエイトです。

全員ができるわけではなく、

  • 条件①:過去12ヶ月間総視聴時間が4,000時間以上
  • 条件②:チャンネル登録者数が1,000人以上

上記の条件を2つとも満たしていないと収益化できません。

ブログアフィリエイトに比べると、初心者にとってのハードルは高いですね。

アフィリエイトの集客方法は5種類

アフィリエイトの集客方法は5種類

続いては、アフィリエイト媒体にアクセスしてもらうための、アフィリエイト集客方法を5つご紹介していきます。

①:SEO(検索エンジン最適化)

Google/Yahooの検索から、アクセスしてもらう方法です。

狙ったキーワードに対して、記事や動画を作りこむことで、検索結果の上位に表示されるように最適化することを指しています。

ブログアフィリエイト、サイトアフィリエイトでは王道の集客方法でして、世の中にはSEOコンサルティングで生計を立てている、個人や会社も存在します。

②:SNS(ソーシャルメディア)

SNSから、アクセスしてもらう方法です。

有名どころだと、Twitter・インスタグラム・Facebookなどがあります。

例えば、僕はありがたいことに、Twitterで1.4万人ほどフォロワーがいるのですが、記事更新をするたびに、フォロワーの方が記事を読んでくれます。

③:PPC(広告)

PPC(Pay Per Click)とは、広告からアクセスを集める方法です。

SEOが無料でコンテンツを作れるのに対して、PPCはお金を払わないと実行できません。

例えば、GoogleやYahooの検索結果の中には、「広告」と表示されるものがありますが、あれがPPCでの集客方法です。

お金を投下する分だけ、即効性はありますが、アフィリエイト媒体へアクセスした際の、ランディングページの作り込みや、広告運用のPDCAは、ぶっちゃけ初心者には難しいです。

最初はSEOで集客しつつ、アフィリエイトで稼げるようになってきたら、PPCに資金を投下してみましょう。

④:セルフバック

こちらは、自己アフィリエイトのことです。

セルフバックとは、自分で自分のアフィリエイト商品を購入する行為という意味です。

大手ASPの、a8.netなどでセルフバックを簡単にできるので、まずは感覚をつかむためにも、セルフバックで5万〜10万ほど稼いでみるのはおすすめです。

⑤:メルマガ 

メルマガで、アクセスを集める方法です。

古典的な集客方法なのですが、見込み顧客はけっこうメルマガ開封率が高かったりするので、いまだに有効な方法といえます。

メルマガ内でのアフィリエイト商品の販売も、昔は結構ありましたが、最近では特化サイトやブログへの集客動線として、使われていることが多いです。

現代版の似ている集客方法としては、LINE@がありますね。

アフィリエイトの商材は5種類

アフィリエイトの商材は5種類

ここまで、アフィリエイトの媒体、集客方法をご紹介してきました。

最後は、アフィリエイトの商材を5種類、ご紹介していきます。

①:物販アフィリエイト

その名の通り、モノを販売して成果報酬を得る方法です。

例えば、有名どころだと、Amazonアソシエイトに登録して、Amazonの商品を販売することができます。当ブログだと、ブログに関する本を紹介する記事などを書いています。

物販アフィリエイトは、自分の使ったことのある商品を紹介できたりと、初心者でも手を出しやすいアフィリエイト商材です。しかし、アフィリエイト報酬は、他の商材と比べて安いので、物販系でそれなりの売上をあげるのは時間がかかります。

②:ASPアフィリエイト

ASP(代理店)を通して、広告主の商品を紹介して成果報酬を得る方法です。

ちなみに、ASPとは、アフィリエイト・サービス・プロバイダーの略で、広告主とアフィリエイト運営者をつなぐ、仲介会社のことです。

例えば、特化サイトのところでご紹介した、「クレジットカード」「ポケットWIFI」などの案件は、成約1件あたり数千円〜数万円のアフィリエイト報酬をもらえます。

月に100万円以上を稼いでいる人は、ASPアフィリエイトがメインなことが多いです。

③:アドセンスアフィリエイト

Googleアドセンスで、成果報酬を得る方法です。

Googleアドセンスとは、設置するだけで収益化をしてくれる、Googleが提供しているアフィリエイトサービスのこと。

ASPアフィリエイトと違って、自分の好きな商材を紹介するのではなく、Googleがユーザーに最適化した広告を表示してくれます。

例えば、「海外旅行」について検索していたら、アフィリエイト記事の内容と関係なくても、「海外旅行ツアーパッケージ」の広告がユーザーに表示されたりします。

アドセンスはざっくりと2つの収益モデルがあり、広告を見ただけ報酬をもらえる「インプレッション型」と、クリックして報酬をもらえる「クリック型」を組み合わせて報酬を計算しています。

④:情報商材アフィリエイト

目に見えないサービスを紹介して、報酬を得る方法です。

infotopなどのサイトに登録すると、情報商材を販売することができます。昔は、情報商材で年間数億円を稼いでいる人も多かったです。例えば、与沢翼さんなどが有名どころですね。

ぶっちゃけ、社会的に「情報商材屋=胡散臭い」というイメージですが、この辺が気にならない方は挑戦してみるといいと思います。

⑤:トレンドアフィリエイト

トレンドの波に乗る方法です。

2017年・2018年だと「仮想通貨バブル」があり、仮想通貨取引所・販売所のアフィリエイトで、月数百万を一気に稼げるようになったブロガーなどが続出しました。

2019年現在は、手を出しても遅いですが、当時は凄かったという話を、先輩アフィリエイターに聞きました。(当ブログは仮想通貨バブルが弾けた後に、スタートしています。)

トレンドアフィリエイトは、波乗りのタイミングが重要でして、世の中の動きをチェックしつつ、波が生まれたら一気にアフィリエイト記事を量産する感じです。

まとめ:アフィリエイトの種類を決めたらすぐ行動しよう

まとめ:アフィリエイトの種類を決めたらすぐ行動しよう

今回は、13種類のアフィリエイトをご紹介してきました。

「媒体 × 商材 × 集客方法」をざっくりと決めたら、すぐに作業に取りかかりましょう。

初心者におすすめなのは、

  • 媒体:ブログアフィリエイト
  • 商材:物販/アドセンス/ASP(慣れたら)
  • 集客方法:SEO/SNS/セルフバック(初回のみ)

の組み合わせでアフィリエイトを運営することです。

アフィリエイトは結果が出るまでに、時間がかかるので、早めにタネを撒いておきましょう。

僕のTwitterでは、ブログ・アフィリエイトで稼ぐコツや方法を発信していますので、フォローしておくと役に立つ情報をGETできますよ。

今回は以上です。

-Affiliate, MARKETING

Copyright© Tsuzuki Blog , 2020 All Rights Reserved.